マッチレポート|リーガ第9節 バルサ 4-2 セビージャ

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

Liga Española | jornada 9

ゴールラッシュ、そして止めまくるテル・ステーゲン。
首位を奪還した一方で、メッシが肘を負傷。

FCバルセロナがセビージャとの首位攻防戦を制し、リーダーの座を取り戻した。得点は前半にコウチーニョメッシ、後半にスアレス(PK)とラキティッチ。セビージャにも多数の得点機を作られたが、テル・ステーゲンがパラドン連発で2失点に抑えた。レオ・メッシの負傷が痛い。

Embed from Getty Images

試合の流れ

●立ち上がりは上々。ネルソン・セメドの突撃が発端となり、メッシのスルーパスを受けたコウチーニョが2分にして先制点を決める。そういえばウェンブリーでもコウチーニョが2分に先制点を決めた。最初の得点機でも焦らず確実に決めるコウの決定力よ。

●セビージャの右ポスト直撃弾(6分)を挿み、バルサの追加点が決まったのは13分での速攻。ルイス・スアレスがワンタッチでさばいたボールをレオ・メッシが受け、事もなげにマークをかわしてゴール左隅へと正確なシュートを突き刺した。首位奪還に視界良好、とカンプノウは沸く。

●だがその数分後、エース・メッシにアクシデント発生。ボールを競り合って着地をする際、腕の付き方が悪くて右肘を負傷してしまったのだ。いつにない苦悶の評序を浮かべるレオ・・・ クラックはプレー続行できず、ウスマン・デンベレと交代となった。

●メッシ不在で2点リードの状況にどうプレーをしていくべきか、バルサはやや動揺していたように見えた。デンベレスアレスラキティッチらに追加点の可能性もあったが、その好機は上手く活用できず。

●後半のバルサはメンバーはそのままに、システムを4-2-3-1へと変更。バルセロナが守備寄りにシフトしたことで、ボールはセビージャが持つようになった。54分にはカウンターからルイス・スアレスの左ポスト直撃弾。

●後半の主役はテル・ステーゲンだった。61分にアンドレ・シルバのヘッド弾を右手で阻止した後、すばやく立ち上がってフランコ・バスケスのシュートもブロック。ここで2-1にされていたらセビージャは勢い付いていたであろうから、とても重要なパラドンだった。

●ピンチの後はなんとやら、でそのすぐ後にバルサの追加点。1対1となったルイス・スアレスをGKのVaclikが倒し、宣告されたペナルティキックをスアレス自身が蹴り込み3-0とした(63分)。欲しかったゴールが決まり、肩の荷も下りたことだろう。得点後のルイシートは動きも軽くなったようだった。

●3点差が付き、エルネスト・バルベルデは戦術的な選手交代に着手する。66分、アルトゥールに替わって怪我明けのセルジ・ロベルトが登場。

●3-0でもセビージャが挫けることはなかった。その気概が実ったのは79分。サラビアのミドルシュートがラングレに当たり(逸らそうとして失敗し)コースが変わってネットインするのだ。さすがのテル・ステーゲンもこれは為す術なし。完封への道は遠い。テル・ステーゲンサラビアベン・イェデルの連続シュートをど派手に連続パラドンしている。

●試合終了直前もドタバタし、88分にイバン・ラキティッチの技ありボレーが、追加タイムにムリエルのコントロールシュートが決まって4-2でゲーム終了。バルサは5試合ぶりのリーガ白星となり、セビージャから首位を取り戻した。

トピックス

●前節首位セビージャとの首位攻防戦。勝利したバルセロナが、1節で首位を取り戻した。

レオ・メッシが前半17分に右肘を負傷。倒れる際の腕の付き方が悪く、ダメージを受けた。一度はテーピングをしてプレーに戻ろうとしたが、23分に交代を決断してロッカールームへ。
検査の結果、橈骨(とうこつ)の骨折を確認。クラブ医療部は全治3週間との診断を発表した。

レオ・メッシが3週間の戦線離脱となった場合、インテル・ミラノ戦(地元)、レアル・マドリー戦(地元)、クルトゥラル・レオネサ戦(コパ・敵地)、ラーヨ戦(敵地)、インテル・ミラノ戦(敵地)、ベティス戦(地元)の6試合を欠場する。11月24日のアトレティコ戦(敵地)は間に合う見込み。

●チーム4点目を決めたイバン・ラキティッチが試合後、メッシの負傷についてコメント。「これもフットボール。すぐに良くない感じがしたよ。チーム全員で力を合わせて、レオがいなくてもチームが前進すると証明しないといけない。早い回復を願ってるよ」

レオ・メッシクリスティアノ・ロナウドもいないエル・クラシコは、2007年12月23日以来 11年ぶりだとのこと。当時メッシは大腿二頭筋の負傷中、CR7はマンチェスター・ユナイテッド所属だった。

ルイス・スアレスがペナルティキックを決め、7試合ぶりの得点。9月15日のレアル・ソシエダ戦(アノエタ)から570分間ゴールがなかった。今シーズンの4得点目(うちPKは2つ)で、バルサ通算155得点目。
さらにコウチーニョの先制点に関与し、メッシの2-0弾はアシストしている。

マルクアンドレ・テル・ステーゲンが神がかっているパラドンを連発。60分にはアンドレ・シルバフランコ・バスケスの連続シュートを、87分にはサラビアベン・イェデルの連続シュートを身体を張って阻止した。1つめを片手で止めてから、即座に立ち上がってシューターに立ちはだかる速さが常人離れ。

●パロン(リーガ中断)中のビジネス出張(中国行きなど)で注目を集めたジェラール・ピケ。心配された心身の疲労を見せることなく守備のリーダーとなって最終ラインを引っ張った。

ネルソン・セメドが4試合連続でのフル出場。セルジ・ロベルト負傷の影響とはいえ、出続けることで少しずつ良くなっている。データ上ではドリブル成功が3回(チーム最多)、ボール奪取が8回(アルバアルトゥールと並び最多)。

ラ・リーガでのカンプノウにおける連続無敗が41試合となり、ジョハン・クライフのドリームチームが25年前に樹立した40試合の記録を塗り替えた。前回の黒星は2016年9月10日のアラベス戦で、以来 33勝8分。

マルコムが4試合連続での招集外。この状況はメッシの負傷で変化する?

入場者数88,712人は今季最高。カンプノウの観客動員は徐々に数を増やし、今回ついに9万人にあと一歩まで迫った。4日後のCLインテル戦とその次のエル・クラシコはさらに伸びそう。

●試合開始前、ラ・リーガの9月月間MVPを受賞したレオ・メッシに、ハビエル・サビオラがトロフィーを手渡す。先日この世を去った女性オペラ歌手ムンサラー・カバリェさん(享年85)を称える式典。娘で同じくソプラノ歌手のムンセラー・マルティさんがパルコで見守った。91歳で死去した元選手ビセンス・マルティネス氏とマジョルカでの洪水被害者に捧げる黙祷。

FC Barcelona Sevilla FC
4 2
20 de Octubre – Sabado 20:45 h
Camp Nou
: 88,712
Goles
Coutinho (2)
Messi (13)
Suárez (63pk)
Sarabia (79)
Rakitic (88)
Muriel (90+1)
Titular
Ter Stegen【8】 Vaclik
Semedo【7】 Carriço
Piqué【7】 Kjaer
Lenglet【6】 Sergi Gómez
Jordi Alba【6】 Jesus Navas
Busquets【6】 Arana
Rakitic【6】 Sarabia
Arthur【7】 Banega
Messi (c)【7】 Franco Vázquez
Coutinho【7】 Ben Yeder
Suárez【7】 André Silva
Cambios
Messi→ Dembélé【5】(26) Kjaer→ Mercado (55)
Arthur→ Sergi Roberto【5】(66) Franco Vázquez→ Roque Mesa (69)
Suárez→ Munir【5】(81) André Silva→ Muriel (78)
Entrenadores
Ernesto Valverde【6】 Pablo Machin
Arbitro
Martínez Munuera (valenciano)
Tarjetas
Vaclik (62)
名前の次の数字は評価点:平均点【5】
Estadisticas
1a 2a Total Total 2a 1a
2 2 4

Golesredcard

2 2 0
9 14 23 (9)

Tiros a puertaredcard

19 (6) 13 6
3 3 6

Ocasiones de Golredcard

6 4 2
3 2 5

Cornersredcard

7 1 6
1 0 1

Fueras de juegosredcard

4 1 3
480

pasesredcard

394
24% 53% Posesion del Balon 47% 46%
4 6 10

Faltasredcard

16 9 7
0 0 0

Tarjetas Amarillasredcard

1 1 0
0 0 0

Tarjetas Rojasredcard

0 0 0
Formación

ウンティティ、ベルマーレンが負傷欠場。
デニス、マルコム、サンペール、アレニャーが監督判断で招集外。
デンベレ、ラフィーニャ、シレセン、ムニール、セルジ・ロベルト、ビダル、チュミがベンチスタート。

先発メンバーにサプライズなし。引き続きアルトゥールが左インテリオールで起用された。
前半26分にレオ・メッシが負傷交代となり、デンベレが右エストレーモに入った。

前半の後半からセビージャに押し込まれ、後半は4-2-3-1へとシステム変更。
その後アルトゥールがセルジ・ロベルトと、スアレスがムニールと交代した。

Titular Final
先発時 終了時

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る