マッチレポート|チャンピオンズ第3節 バルサ 2-0 インテル

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

Champions League
jornada 3

メッシ不在をチーム全体で補い、インテルに勝利。
先発起用されたラフィーニャが期待に応えた。

FCバルセロナがインテル・デ・ミランを2-0で下し、グループBの首位を固めた。エース・メッシ欠場をチームとして補っての快勝。先発起用されたラフィーニャが前半に先制し、ジョルディ・アルバの終盤のゴールで試合を決めた。今季のバルサはチャンピオンズで強い。

Embed from Getty Images

試合の流れ

●負傷欠場したレオ・メッシの穴を埋めるべく起用されたのは、デンベレではなくラフィーニャだった。これが見事に的中。ブラジレーニョは第3のデランテロとして伸び伸びとピッチを駆け、攻守に存在感を出していた。ハードワーカー。

メッシ不在をチーム全体で補おうとする共通意識がよく出て、ブロックとして機能していたのも朗報。バルベルデの考えが選手たちに非常にしっかりと伝わっていた。メッシがいないことで攻撃力は低下する反面、プレッシングが効かせられることで守備は安定する。

●立ち上がりはインテルが前に出て、元バルサ・イカルディに見せ場もあった。しかし時間の経過に伴いバルサがゲームを支配。プレーはほぼインテル陣内で行われることになる。ボール保持率はバルサが70%超え。アルトゥールはもう馴染みきっている。インテルは単発の攻撃のみ。

●ボールは支配するが得点機作りには苦労していたバルサが、褒美を手にしたのは32分のことだ。右に開いていたルイス・スアレスのCBの間を通す絶妙パスにエリア内へと飛び出したラフィーニャが合わせ1-0。ラファはそこまで何度もシュートを放ち、徐々にゴールへと近づいていた。

●後半はインテルの攻勢で始まった。50分には途中出場ポリターノの危険なクロスをテル・ステーゲンがかろうじてセーブ。

●10分少しインテルの時間帯が続いた後、バルサが再びボールを持ち始める。惜しかったのは59分、ルイス・スアレスの2度の切り返しからのシュート(GKハンダノビッチが身体を盾にブロック)。スアレスは90分を通じ、貪欲にゴールを狙い続けていた。61分にはCK崩れからクレマン・ラングレに決定機。この後は再びバルサがゲームを支配した。

●70分には相手CKからの速攻(トランジションがすばらしかった)、スアレスのヘッドをGKが弾き、こぼれ球を打ったコウチーニョのシュートが右ポストを叩いた。その直後、バルベルデの選手交代タイムが始まりラフィーニャが拍手を受けてベンチへ(セメドと交代)。そしてアルトゥールアルトゥロ・ビダルの交代には場内不満げ。

●バルセロナの集中は最後まで乱れなかった。狙い続けた追加点が決まったのは83分。ビダルとのパス交換を経て前線まで上がったジョルディ・アルバが、ラキティッチのパスを受けてライン裏へ(トラップが絶妙だった)。そしてDFと競り合いながらシュートを入れてしまうあたりは元FWだ。このゴールで勝負あり。バルサは3連勝で首位を固めた。

トピックス

ついに完封:9月23日のジローナ戦(2-2)から始まった連続失点を7試合で止めた。以後、レガネス(2-1)、アスレティック(1-1)、トッテナム(2-4)、バレンシア(1-1)、セビージャ(4-2)を相手に合計10失点。ようやく完封できたことで、ホッと一息。次のエル・クラシコも完封勝利でいこう!

レオ・メッシはスタンド観戦:息子のティアゴくん、チーム世話役のペペ・コスタと一緒にゆったりと試合観戦。1階最前列だったのでTVカメラに様子を抜かれまくっていた。やってきたファンとの2ショット写真やサインにも気軽に応えていたとのこと。

ラフィーニャ、機会を活かすレオ・メッシの代役としてエルネスト・バルベルデが選んだのは、意表を突いてラフィーニャだった。9月16日のレアル・ソシエダ戦以来の先発出場。久々のゲームだったが少しずつリズムを掴み、32分には先制点を決める仕事もやってのけた。得意とするエリアへの飛び出しによる得点。
75分間のプレーで70本のパスを試み、うち61本が成功。シュートは4本放った(チームのファーストシュートは12分のラファ)。

ラフィーニャはこれがチャンピオンズ初得点。バルサ通算では12ゴールとなり、兄のティアゴ(11)を抜いた。

ラフィーニャは昨シーズン後半をインテルでプレーしていたので、得点しても祝わず。GKハンダノビッチの元へと行き、ボトルのドリンクをもらっていた。

信頼を失ったデンベレメッシ欠場により先発濃厚と見られていたウスマン・デンベレは結局、ウォームアップすることもなくベンチで試合を終えた。マルコムも出番なく、ムニールが88分にピッチへ出る様子をただ眺めることになった。

アルトゥールで決まり:現時点における中盤の組み合わせはブスケツラキティッチアルトゥールが最良だろう。アルトゥールは試合に出続けることで、どんどんバルサ流に合ってきている。ブスケツが強いマークに遭っていると見るや、3人は巧みに位置をずらし対応。
55分に見せた、相手選手2人のチェックをターン&パスでかわしたプレーはまさにチャビ・スタイル

●バルセロニスタのお気に入りとなったアルトゥールを78分で交代させた際、バルベルデに抗議の指笛が鳴る。バルサ監督となって初めての指笛。アルトゥールの交代理由について、試合後のバルベルデは「ちょっとした過負荷になっていたので、リスクを避けるためにビダルと交代した」と説明。

アルバのメッセージジョルディ・アルバが勝負を決める2-0のゴール(83分)。まるでいつもアシストするメッシのような得点だった。ゴール後のエスクードへのキスは、契約更新しようという理事会へのメッセージ?
前日の会見では契約更新について訊ねられ、「すごく落ち着いてるけど、まだ何も知らないんだ。決めるのはクラブだ」と語っていた。

首位通過に王手:バルサが3連勝し、他会場のPSV対トッテナムが引き分けだったことで、バルサは次のインテル戦(@サンシーロ)にも勝つことで早くも首位通過を確定させることができる。残り2試合を消化試合にできれば最高。

FC Barcelona Internazionale Milano
2 0
24 de Noviembre – Miercoles 21:00 h
Camp Nou
: 86,290
Goles
Rafinha (32)
Jordi Alba (83)
Titular
Ter Stegen【6】 Handanovic
Sergi Roberto【6】 D’Ambrosio
Piqué【7】 Skriniar
Lenglet【7】 Miranda
Jordi Alba【7】 Asamoah
Busquets (c)【7】 Vecino
Rakitic【6】 Brozovic
Arthur【7】 Candreva
Rafinha【7】 Borja Valero
Coutinho【6】 Perisic
Suárez【7】 Icardi
Cambios
Rafinha→ Semedo【6】(72) Candreva→ Politano (46)
Arthur→ Vidal【6】(78) Borja Valero→ Lautaro Martínez (63)
Coutinho→ Munir【sc】(88) Perisic→ Keita Baldé (77)
Entrenadores
Ernesto Valverde【7】 Luciano Spalletti
Arbitro
Ovidiu Hategan (rumano)
Tarjetas
Suárez (62) Brozovic (73)
Skriniar (74)
Lautaro Martínez (85)
名前の次の数字は評価点:平均点【5】
Estadisticas
1a 2a Total Total 2a 1a
1 1 2

Golesredcard

0 0 0
6 15 21 (11)

Tiros a puertaredcard

10 (3) 5 5
2 5 7

Ocasiones de Golredcard

3 1 2
4 5 9

Cornersredcard

3 2 1
3 1 4

Fueras de juegosredcard

0 0 0
456 321 777

pasesredcard

393 226 167
69% 63% Posesion del Balon 37% 31%
5 6 11

Faltasredcard

22 13 9
0 1 1

Tarjetas Amarillasredcard

3 3 0
0 0 0

Tarjetas Rojasredcard

0 0 0
Formación

メッシ、ウンティティ、ベルマーレンが負傷欠場。
デニス、サンペール、アレニャーが監督判断で招集外。
セメド、デンベレ、シレセン、マルコム、ムニール、ビダル、チュミがベンチスタート。

週末のセビージャ戦からの入れ替えは、右ラテラルをセルジ・ロベルトが務めたことと、負傷欠場メッシの代役にラフィーニャが選ばれたこと。ラファは第3のデランテロとして各所に姿を現した。
アルトゥールはもうスタメンに定着した。
ブスケツが強いマークに遭っていたので、ラキティッチとアルトゥールとでポジショニング交換して補完。

選手交代は70分を過ぎてから。
1人目はラフィーニャに替えてセメドで、セルジ・ロベルトが前へ。
続いてはアルトゥールからアルトゥロ・ビダルの Arturos 交代。
最後は試合終了間際、コウチーニョが任務終了でムニールが登場。

Titular Final
先発時 終了時

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る