ネルソン・セメドが羽ばたき始めた、2年目の冬

スポンサーリンク

スピードを活かした守備にくわえ、攻撃でも躍動 セルジ・ロベルトからポジションを奪う勢い

チームが全体的にパフォーマンスを落とし、攻撃力が湿気っている最近のバルサにおいて、上々のフットボールを披露しているのが右ラテラルのネルソン・セメド(25)です。

入団1年目の昨季(2017/18)は独特なバルサのラテラルに苦労し、持ち味を出せていませんでしたが、2年目の今季はスタイルを習得。昨年末からはスピードを活かした守備のみならず、攻撃においても躍動しており、もう右ラテラルはセメドに任せて安心なレベルになっています。

今季ここまでのプレー時間は、28試合で2,042分。
負傷離脱のあったセルジ・ロベルトは26試合で1,972分ですから、もうすっかり先発組の一員です。

Embed from Getty Images

ポジショニングと正確性が向上

タフで決定的なアウェー4連戦(リヨン、セビージャ、マドリー×2)を目前にカンプノウで行われたバジャドリー戦のスタメンからネルソン・セメドが外れたのを見たとき、これは温存だと理解し、感慨深くなりました。

セメドもまた、バルサスタイルへの適応なる“通過儀式”に苦しんだ一人でした。
守るにも攻めるにも、どのあたりに位置を取って良いのかが分からない。背後にスペースを空けるのが怖く、攻撃参加もいつどのタイミングで出ればいいのか。バルサのラテラル、超ムズカシイという様子でした。
(最高の成功例、かつ比較対象がダニ・アルベスですし)

それが最近はポジショニングが改善。正確性も向上。
足技や積極性でも魅せるようになり、特にウスマン・デンベレが右エストレーモになった時のコンビネーションはクレの胸をときめかせるものがあります。そう、キミに期待していたのはそのダイナミズムなんだよと。状況によっては、もっと前にいてもいい。
元々、守備面ではスピードがある分、競争相手のセルジ・ロベルトよりも安心感があったので、攻撃でもインパクトを残せるようになると出番は増えます。

バルベルデの称賛「スピードがあり、無効化が難しい選手」

レアル・マドリーとのコパクラシコ@カンプノウにて先発し、上々のパフォーマンスを見せたセメドを、エルネスト・バルベルデは次のように称えました。

「私たちのクラブへとやってくる選手はみんな、チームのダイナミズムに入るのに苦労するんだ。時々、私たちはスペースのない状況でプレーをするし、選手はそのプレーを消化吸収しなければならない。ネルソンはスペースを必要とする選手で、苦労をしていた。しかし彼はおそろしくスピードがあり、無効化するのが難しいからね。私たちは彼に満足してるよ」

バルベルデはセメドとセルジ・ロベルトのどちらかを明確に先発組扱いせず、プランニングに合わせて使い分けています。来季以降もこの起用法が続くかどうかですが、セメドが右ラテラルの主となるかもしれません。
このポジションは他にもムッサ・ワゲ(やエメルソン)ら若手も控えている。セルジ・ロベルトにもプレー視野やフットボール知性という武器があるし、相手などに合わせて選べるのは強いです。

ネルソン・セメドが課題をクリアし、居場所を見付けたのは良いニュース。
家出息子のエクトル・ベジェリンは要らない、とセメド推しだった者として、“ネルシーニョ”が欧州を代表するラテラルになることを期待し応援します。

セメドの新人儀式に拍手喝采
大抵のチームはやっていると思うのですが、FCバルセロナにもあります、新加入選手たちに課せられる“新人儀式”。7月末にあの奇人監督マルセロ・ビエルサがリールの選手たちの前で歌声を披露し、話題になったアレを、バルサの新人たちもやらされるわけです

このニュースのまとめ

  • ・右ラテラルの先発となりつつあるネルソン・セメド
  • ・2年目の後半戦に入り、攻守ともに輝いている
  • ・バルサスタイルを習得、さらなる飛躍を期待

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました