マッチレポート|チャンピオンズ 1/4 バルサ 3-0 マンチェスターUtd

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

Champions League | 1/4 final, vuelta

メッシのドブレーテで勝負あり。
コウチーニョの十八番ゴラッソも決まり、言うことない準決勝進出!

FCバルセロナが要塞カンプノウでマンチェスター・ユナイテッドを下し(3-0、合計4-0)、4年ぶりとなるチャンピオンズ準決勝進出を決めた。立ち上がりはピンチの連続だったが、レオ・メッシのドブレーテが赤い悪魔の希望を砕いた後は余裕の展開。コウチーニョのミサイル弾も飛び出し、良好ムードで準決勝へ臨む。

試合のポイント

いきなりピンチ:立ち上がりはマンチェスター・ユナイテッドが次々にバルサ守備陣の裏を取り、バルサは守りに追われた。1分と経たずしてラシュフォードがテル・ステーゲンと1対1になるピンチも(クロスバー直撃弾)。英国チームのプレッシングにバルサは苦しんだ。その不安な状況をひっくり返したのが、16分と20分のメッシの連続ゴールだった。



メッシの2ゴールで:どちらのゴールもすごかったが、高い位置でボールを奪い返してから Fred の股を抜いてフリーとなり、強烈な左足を叩き込んだ先制点は圧巻だった。これでバルサは落ち着き、ボールコントロールを開始。そして4分後には再び一瞬の隙を見逃さずにボールを拾い、鋭い右足シュートによって2-0にしてしまうからメッシは偉大だ。

●D10Sの2得点でユナイテッドは凹み、バルサは快適にポゼッションを続けた(テル・ステーゲンはほぼ観客状態)。事実上、すでに決着は付いていたが、この日のバルセロナは最後まで攻めきるモードで得点を狙い続けた。カンプノウの観客に、魔法の夜を楽しんでもらわないといけないのだ。
メッシのハットトリックは残念ながら生まれなかったものの、代わりにクレを喜ばせたのがコウチーニョのゴラッソ。彼が得意とするミサイルシュートにより、ユナイテッドはとどめを刺された。

●試合終盤には、途中出場アレクシス・サンちゃんの決定的ヘディングシュートを、テル・ステーゲンがパラドン。

トピックス

さすがメッシ:マンチェスター・ユナイテッドに引導を渡したのは、やはりレオ・メッシだった。英国チームにバルサが押し込まれる、好ましくない状況を一変させる2得点。インパクトも影響力も絶大な、16分と20分のドブレーテ。

得点ランク1位:今季のチャンピオンズにおけるメッシの得点数はこれで10となり、2位ロベルト・レワンドウスキ(バイエルン)に2差をつけてランキング首位を走る。6得点のCR7(ユベントス)は大会敗退でレースから脱落。

6年ぶり:レオ・メッシがチャンピオンズ準々決勝でゴールを決めたのは、実は久しぶりのこと。前回は2013年4月2日のPSG戦(2-2)だった。

コウチーニョのゴラッソと物議を醸すセレブレーション:スコアを3-0とするフィリペ・コウチーニョの右足ミドルシュートは見事だった。これぞコウのゴールだ、という30m弾。
得点後は両人差し指を両耳に当てるジェスチャー。それが表すのは「雑音を聞いちゃダメ」それとも「批判の声は聞かない」?

VARでPK取り消し:試合の11分、イバン・ラキティッチがスモーリングに倒された(ように見えた)場面で Felix Brych 主審は一度PKスポットを指さしたが、VARの声を聞いてモニターで確認後、PKを取り消し。

デ・リフト弾に沸く:試合の69分50秒あたりで、カンプノウのスタンドが一斉に沸いた。これはバルサ対ユナイテッドのプレーに対してではなく、デ・リフト(アヤックス)がユベントス(CR7)に1-2の得点を決めたことを喜ぶ歓声。ちょうどピッチサイドで交代を待っていたネルソン・セメドは、きょとんとした表情でその様子を見ている^^

きっちり締めたテル・ステーゲン:試合終了間際には、元バルサ選手アレクシス・サンちゃんの至近距離からのヘディングシュートをテル・ステーゲンがパラドン。切らさない集中力!
バルサでのチャンピオンズ50試合出場を完封で祝った。

累積警告リセット:出場停止にリーチのかかっていたセルヒオ・ブスケツネルソン・セメドだが、この試合でカードを受けなかったため(特にセルヒオはグッジョブ)、累積警告はリセットされ準決勝では再びゼロからとなる。他選手も同様。

難攻不落、31試合無敗:マンチェスター・ユナイテッドを下したことで、バルサのカンプノウでのチャンピオンズ無敗記録が31へと伸びた。2013年5月にバイエルンに0-3で完敗したのを最後に、28勝3分。要塞カンプノウ。

今季最高:観客動員数96,708人は、カンプノウでの今季最高記録。昨日までの最高はリーガクラシコの93,265人だった。




FC Barcelona Manchester United
3 0
16 de Abril 2019 – Martes 21:00 h
Camp Nou
: 96,708
Goles
Messi (16)
Messi (20)
Coutinho (61)
Titular
Ter Stegen【7】 De Gea
Sergi Roberto【7】 Lindelof
Piqué【7】 Jones
Lenglet【7】 Smalling
Jordi Alba【7】 Young
Busquets【7】 McTominay
Rakitic【7】 Fred
Arthur【7】 Pogba
Coutinho【7】 Lingard
Messi (c)【9】 Martial
Suárez【7】 Rashford
Cambios
Sergi Roberto →
Semedo【6】(71)
Martial →
Dalot (65)
Arthur →
Arturo Vidal【6】(75)
Rashford →
Lukaku (73)
Coutinho →
Dembélé【5】(81)
Lingard →
Alexis Sanchez (80)
Entrenadores
Ernesto Valverde【6】 Ole Gunnar Solskjær
Arbitro
Felix Brych (aleman)
Tarjetas
Suárez (77)
名前の次の数字は評価点:平均点【5】
Estadisticas
1a 2a Total Total 2a 1a
2 1 3

Golesredcard

0 0 0
6 7 13

Tiros a puertaredcard

9 3 6
4 4 8

Ocasiones de Golredcard

2 1 1
3 5 8

Cornersredcard

3 2 1
0 0 0

Fueras de juegosredcard

3 3 0
369 440 809

pasesredcard

415 197 218
61% 63% Posesion del Balon 37% 39%
5 5 10

Faltasredcard

15 5 10
0 1 1

Tarjetas Amarillasredcard

0 0 0
0 0 0

Tarjetas Rojasredcard

0 0 0
Formación

ラフィーニャ、ベルマーレンが負傷欠場。
トディボ、ムリージョ、ボアテングが監督判断で招集外。
シレセン、セメド、デンベレ、マルコム、アルトゥロ・ビダル、ウンティティ、アラニャーがベンチスタート。

先発もベンチも、準準々決勝リヨン戦@カンプノウと同じ。
準備OK!と注目されたデンベレはベンチスタートとなった。

交代は3点差となって決着が付いた後。
1人目は怪我明けのセルジ・ロベルトが任務終了となり、セメドが後を継いだ。
2人目は定番のアルトゥールからアルトゥロ・ビダル。
3人目はコウチーニョがベンチへ退き、デンベレが登場。

Titular Final
先発時 終了時

2019年4月17日(水)、マンチェスター・ユナイテッド戦翌日のバルセロナスポーツ紙。

MD「メッシファイナルへ」

  • メッシファイナルへ(※セミファイナルとかけたんだと思う)
  • → 20分間でのクラックの2ゴールが準々決勝での不運を終わらせ、バルサを4年ぶりの準決勝へと導いた
  • → 論争のセレブレーションとともにフィエスタを仕上げたコウチーニョ、そして今日対戦相手が分かる(リバポーかポルトか)
  • ユベントス 1-2 アヤックス
    デ・リフトのゴラッソがCR7を敗退へ

SPORT「今年は行ける」

  • 今年は行ける(※ aquest any sí はカタルーニャ語で、2006年のチャンピオンズ制覇時だったか、バルサ界隈での流行語となったフレーズ。当時の意味は「今年はやったぜ!」)
  • → 自らを本命だと確認するエキシビションにより、4年ぶりにチャンピオンズ準決勝へと戻るバルサ
  • → 試合序盤の2得点でチームをリードしたメッシ。コウチーニョはゴラッソ(公衆へのメッセージ付)で力を示した
  • ユベントス 1-2 アヤックス/ヨーロッパを驚かせるデ・ヨングのアヤックス
    デ・リフトがクリスティアノのユーベを倒す

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る