デンベレとトディボが、1週間早くトレーニング場に戻ってきた

バケーションを切り上げ、シウタット・エスポルティーバで自主トレの二人
プレシーズン開始は次の日曜日(14日)

プレシーズン開始を次の日曜日(14日)に控えたバルセロナに、嬉しいニュースが飛び込んできました。
ウスマン・デンベレが夏休みを1週間切り上げ、クラブ施設シウタット・エスポルティーバで自主トレを始めたというのです。(報じたのは、ラジオ局 Esports SER Catalunya の番組 La Graderia)

クラブにトレーナーを一人付けてくれるようにお願いをしての自主トレーニング。
別のラジオ局RAC1はこれに、同じフランス人若手のジャンクレール・トディボも一緒の参加だと付け加えています。

スポンサーリンク

バルトメウ会長「デンベレはネイマールよりも上」

母国の先輩アントワン・グリースマンやらネイマールやら、前線のスター選手たちの加入がウワサされる2019/20シーズン。
彼らとポジションの重なるデンベレには移籍のウワサも絶えませんが、クラブは少なくとも公にはデンボウズに賭けているとの姿勢を崩してはいません

ジュゼップ・マリア・バルトメウ会長は5月下旬、ネイマール復帰について訊ねられると「今のデンベレはネイマールよりもレベルが上。ネイマールよりもずっと良い選手だし、すでに適応している」と語っていて、先日その件を改めて聞かれた際も、同じ意見を繰り返しているのです。

「そうだね、私は彼がとても好きだよ。私は彼のほうがネイマールよりも良くて、現在のフットボール界における重要選手の一人だと考えているんだ。私たちのチームでプレーする彼を見るのは楽しいね。彼が出てくると、これから何が起こるんだろうかとみんなが注目する」

正念場の3年目

そんな会長の言葉に奮い立つものもあるでしょうし、昨シーズンを負傷して終えたことでフランス代表にも参加していないデンベレは、たっぷり2ヶ月休んで充電十分でもあります。

いずれにせよ、ウスマン・デンベレはバルサで3年目となるこの一年の重要性をよく分かっており、より良い状態でプレシーズンへと臨めるように一足早く準備を始めている。移籍する考えはないと振る舞いで示している。
昨シーズンは、大活躍をしたかと思えば次はサッパリだったりと、パフォーマンスが不安定だったモスキートです。これから始まる競争は激しいでしょうが、前線の起用法でバルベルデを悩ませまくってほしいと思います。

おっと、忘れてました
マタイス・デ・リフトにフラれた今、ピッケンバウアーの控えを担う有力候補はジャンクレール・トディボです。出番はそう多くないかもしれないけれど、クレはわりとキミに期待している(と思う)。
まずは本シーズンまで生き残れるよう、バルベルデにアピールです。ファイト!

このニュースのまとめ

  • ・デンベレとトディボがクラブ施設でトレーニング開始
  • ・チームのプレシーズン開始は1週間後の7月14日
  • ・クラブ会長はデンベレへの信頼を協調、「ネイマールより良い」と繰り返す

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました