【マッチレポート】ラ・リーガ第10節 バルサ 0-0 マドリー

LaLiga | jornada 10

しょっぱいフットボールでマドリー守備網を破れず。
決定機は少なく、頼みとするクラックたちの個人技も不発に終わった。

約2ヶ月遅れで開催されたFCバルセロナ対レアル・マドリーは、期待外れの内容と結果に終わった。両チーム共にパンチ力を欠き、特にバルサは持ち味を出せず。どちらもゴールを割れぬまま、0-0で終了している。バルベルデチームのフットボールに改めて落胆。

スポンサーリンク

試合のポイント

期待には届かず:“Mas que un Clásico”と期待された試合ではあったが、特にバルセロニスタにとっては満足度の低い並試合となった。白熱したエル・クラシコとしてではなく、Tsunami Democràtic や56分にピッチへと投げ込まれた黄色いボールによって記憶されるであろう試合だ。よりプレーを支配したのはマドリーだった。バルサは悲しいほどに敵陣へとボールを運べず(特に前半)。



15分以降はマドリーが支配:立ち上がりは少し押し込まれたものの、序盤のバルサはそう悪くもなかった。4分にはテル・ステーゲンからスアレスへの縦パスをきっかけに、メッシが左へと大きく展開、アルバのセンタリングにスアレスがあと一歩・・・の場面を作っている。相手陣内へ進めなくなるのは15分過ぎからだ。4-4-2でブロックを敷くバルサの周囲でパスを回され、17分にはCKからのカゼミロのヘッドをピケがゴールライン上でクリア。以降はマドリーがバルサを自陣に押し込む展開が続く。

30分にようやく初シュート:バルサはラキティッチセルジ・ロベルトデ・ヨングの中盤がマンマークで消された。フェデ・バルベルデはダイナミックに攻守によく動く。バルセロナに得点の匂いがしたのは、速攻でメッシがボールが渡った時だ。30分になってようやく訪れた初シュートでは、メッシ弾をセルヒオ・ラモスが身体を張ってブロック。そして40分、再びメッシからのパスで裏を取ったアルバのシュートは、惜しくもポスト横へと逸れていった。バルサの前半のシュートはこの2本のみ。対するマドリーは11本。

後半も大差なく:後半も試合の大筋は変わらない。バルサはベンゼマフェデ・バルベルデクロースイスコカゼミロらの圧力でボールを奪われ、自陣から出られなかった。55分、バルベルデは状況打開のためにセメドに替えてアルトゥロ・ビダルを送り込む(その際、スタンドから黄色いボールが多数投げ込まれた)。60分頃、メッシスアレスに得点機が訪れたのだが、どちらもわずかにシュートを打てなかったのが痛かった。あのメッシが空振りとは。

オフサイド判定に救われる:バルサは2トップが守備参加をしないため、マドリーはバルサの守備ブロック前で圧力を受けずにパスを回した。そういうことだと、いずれ決定機を作られる。72分、カゼミロの浮き球パスからメンディが背後を取り、センタリングにベイルが合わせて得点・・・ 今回はVARさんの判定でオフサイドになったものの、きわめて際どいタイミングだった。その後はどちらも決め手なく試合は終了している。

トピックス

泣ける




FC Barcelona Real Madrid
0 0
18 de Diciembre 2019 – Miercoles 20:00 h
Camp Nou
:93,426
Goles
   
Titular
Ter Stegen【6】 Courtois
Semedo【5】 Carvajal
Piqué【7】 Varane
Lenglet【5】 Sergio Ramos
Jordi Alba【6】 Mendy
Rakitic【5】 Casemiro
Sergi Roberto【5】 Kroos
De Jong【6】 Fede Valverde
Messi (c)【6】 Isco
Griezmann【6】 Bale
Suárez【5】 Benzema
Cambios
Semedo→
Arturo Vidal【6】(55)
Isco→
Rodrygo (80)
Griezmann→
Ansu Fati【5】(83)
F. Valverde→
Modric (80)
   
Entrenadores
Ernesto Valverde【5】 Zinedine Zidane
Arbitro
Hernández Hernández (las palmas)
Tarjetas
Rakitic (21) Casemiro (66)
Suárez (40) Bale (70)
Lenglet (45) Isco (76)
  Sergio Ramos (78)
  Carvajal (92)
名前の次の数字は評価点:平均点【5】
Estadisticas
1a 2a Total Total 2a 1a
0 0 0

Golesredcard

0 0 0
2 7 9 (2)

Tiros a puertaredcard

17 (4) 6 11
2 0 2

Ocasiones de Golredcard

3 1 2
1 1 2

Cornersredcard

6 2 4
1 0 1

Fueras de juegosredcard

2 2 0
    587

pasesredcard

516    
51% 53% 52% Posesion del Balon 48% 47% 49%
3 2 5

Faltasredcard

17 10 7
3 0 3

Tarjetas Amarillasredcard

5 5 0
0 0 0

Tarjetas Rojasredcard

0 0 0
Formación

アルトゥール、デンベレが負傷欠場。トディボ、ワゲ、ジュニオルが監督判断で招集外。
ネト、ブスケツ、アラニャー、ビダル、ウンティティ、カルラス・ペレス、アンス・ファティがベンチスタート。

驚きだったのはセルヒオ・ブスケツがベンチスタートになったこと。ラキティッチがピボーテを務め、セルジ・ロベルトが右インテリオールに入った。右ラテラルはセメド(怪我明け)で、この右サイドは機能せず。
マドリーのマンツーマンで中盤が封じられ、前線につなげず。多くの時間を4-4-2で過ごした。

右サイドを改善するべく、55分、セメドに替えてアルトゥロ・ビダルを投入。セルジ・ロベルトが右ラテラルへ移動した。効果はあまり表れず。
2人目(で最後)の交代は83分、グリーズマンからアンス・ファティ。

Titular Final
先発時 終了時
 

2019年12月19日(木)、マドリー戦翌日のバルセロナスポーツ紙。

MD「引き分け」

  • 引き分け
  • バルサはカンプノウで非常に真剣なマドリーの押しに耐え、首位を続ける
  • → 双方にゴールチャンスはあったものの、エル・クラシコは17年ぶりの無得点に終わった
  • スタジアム内は平穏、外では重大事件
    イエローボールの雨によって試合は一時中断、そして数十人の負傷者

SPORT「騒音は多く、クラシコは少なく」

  • 騒音は多く、クラシコは少なく
  • → バルセロナもマドリーも期待された水準になかった対決で引き分け
  • → 白チームが前半を支配したが、バルサは終盤に勝つこともできた
  • 試合は普通にプレーされ、事件もなかった
    試合開始後、カンプノウ周辺でのいさかいは発生

コメント

  1. レト より:

    バルサの2019年を象徴するような何とも不甲斐ない試合でしたね。
    かろうじて首位は維持していますが、今のバルサがタイトルに相応しいとは到底思えません。
    低空飛行を続けた挙げ句、あっさりタイトルを明け渡しそうで不安です。

タイトルとURLをコピーしました