「好みでなかった」フットボールを改善すべく、セティエンチームは休みなくハードワークする

イビサ戦でも見られた、今のバルサに足りない部分
セティエンのプレーを習得するために、チームは連日トレーニングに励む

コパ1/16 final のUDイビサ戦は、シーズン途中での監督交代の難しさを再確認する試合でした。本来ならばプレシーズンに仕込むべき監督のプレーアイディアを、結果を出さねばならない公式戦で仕込まねばならない。セティエンとしてはわずかな機会も無駄にしたくないでしょう。彼はプレーの“自動化”を急ぎます。

スポンサーリンク

「プレーの数手先を読めていない場面が何度かあった」

UDイビサ戦終了後、キケ・セティエンは次のように試合の感想を述べています。

前半のチームは、私の好みではなかった。でもこういった試合での難しさ理解している」
「もっと正確なプレーができれば嬉しかったけれど、この試合は私たちにプラスとなるだろう。こういった試合から将来のための結論を引き出すからね。物事が上手くいかない時というのは、それらを認め、改善する時なんだ」

「グラナダ戦はもっと私たちがコントロールしていたけれど、今日はボールを失う回数が多く、不正確だった。相手チームにライフを与えたこと、それは私たちが避けたいことなんだ。先制点を決められ、私たちは少し急いだ。プレーが不正確だと不信感(疑念)が生まれるので、私たちはそこをコントロールしなければならない

選手たちは注意を払い、集中もしていたけれど、アクションを処理するための洞察と落ち着きが足りない場面が何度かあったね」
「イビサはすばらしい試合をしたよ。それにより私たちは苦労した。私たちはコントロールにおいてもパスにおいても洞察がなく、さらに相手に先制を許した」

「このインテンシティでプレーするイビサを見るのは初めてだけれど、それは普通のことだよ。私の選手たちにいつも注意していることだ。イビサを褒めなければならない。けれども私のチームには、望むような洞察力が足りない場面もあった」

自分が好むフットボールになっていなかった、と認めているのが特徴です。
そして洞察と訳していますが、プレーの数手先を見通す力も足りなかった、と繰り返し言っています。

相手の初シュートで早々に失点、一方こちらは68分までシュートなし

セティエンが指摘する、プレーの先が読めていなかったイビサ戦のバルセロナは、呆気なく失点をしたり相手守備ブロックを揺さぶることなくパスを回したりしました。

9分にして先制された場面では、後列からエリアに入ってくるハビ・ペレスのマークが外れてしまった。審判は無効としたものの、1本のロングパスで裏を取られてネットを揺らされてもいます。
ちなみに今季バルサが相手チームの初シュートで失点するのは、このイビサ戦が15試合目だそうです(MD)。うち、逆転できたのはわずか4試合(対インテル、レガネス、ベティス、イビサ)なので、この脆さを改善することが安定感を増す上で不可欠です。

一方でイビサ戦のバルサは、68分のイバン・ラキティッチによるミドルまでシュートなし。前半のシュート数がゼロなる統計は、バルサではなかなか見ることができません。
たとえボール保持率が80%に迫ろうとも、そこに意図があり、得点機を作れなければ役に立たない。イビサ戦では718本のパスを回したバルサですが、前方向はそのわずか26%(187本)なのです。

攻守ともに課題あり。ミステルが言うように問題点が明らかになったと捉え、改善に期待しましょう。

約2週間休みなし

今更ですが、シーズン途中で監督を交代させ、新たなアイディアをチームに仕込むのは難しいものです。

バルトメウ会長が言うように「刺激」にはなったものの、現実問題として時間がない。
セティエンバルベルデとは異なる戦術デザインをチームに導入していますし、同時に選手たちのフィジカルフォームを上げようともしているのです。時間が足りない。

それでどう対処しているかというと、シンプルに「休日カット」です。
セティエンがチームを指揮するようになった1月14日以降、トレーニングがなかったのはイビサ戦当日の22日のみ。つまり監督交代以降、丸一日の休みはなく、ホームゲームだったグラナダ戦当日もお昼前に練習をしてるキケチームです。

休みなく行きすぎると、心身の疲労が溜まってくるでしょうが、今はチームが前に進もうと強く感じているところなので選手たちの不満もないかな。
その頑張りによって、新たなフットボールアイディアがチームに早く浸透することを願います。

デンベレが早くもボールを蹴っている♪

 

コメント

  1. トム より:

    ポゼッションが高すぎる弊害もあると思います。
    ボールを失いたくないあまりにリスクを取る事を誰もせず、それが数字にも表れてしまう。
    メッシがいればそこは全部やってくれるのですけどね。

    このコメントでは、セティエンは逆にボールを失った事を問題視している。
    チームはこの姿勢のまま、さらにリスクを取らずにポゼッションを重視するかもしれない。
    コメントが全てでは無いですが、気になるなぁ。
    ただベティスと違ってバルサにはメッシがいるのだし、これで良いのかも。

    そうだ、デンベレもリスク取る仕事できますね。
    早く戻ってこーい。

タイトルとURLをコピーしました