トップチーム

トップチーム

エル・クラシコは12月へ延期、政治で動かされるフットボール

エル・クラシコは12月へと延期されることになりました。10月26日はバルセロナで大きな抗議デモが呼びかけられており、安全上の問題があると競技委員会が見たからです。ただし開催日はまだ確定しておらず、7日(土)案と18日(水)案がぶつかり合っている。ここでも連盟とリーガの意見が衝突しています。
トップチーム

バルサ一行、異例となる前々日の遠征出発。ビトリアで連泊しエイバル戦に備える

カタルーニャの緊迫した政治状況がFCバルセロナに影響を及ぼしています。今月26日に予定されていたエル・クラシコが12月に延期された件がそうですし、今週土曜のエイバル戦のためにバルサ一行が木曜日からビトリア入りしたのもそう。バルサはバスクで二泊することになります。
トップチーム

バルサ若返り計画の面々が楽しみでならない

FCバルセロナが数年前から抱えている、スカッドの“高齢化”問題。ペップ~ルーチョ時代からチームを支える選手たち(メッシ、スアレス、ピケ、ブスケツ、ラキティッチ、アルバ)が軒並み三十路倶楽部に入会したことで、スムーズに若返りを進めることが強化技術部には求められています。
スポンサーリンク
トップチーム

采配的中で逆転勝利したインテル戦、でもモヤモヤ

2019/20シーズンのチャンピオンズ第2節 FCバルセロナ対インテルは、ひとつの選手交代でこうも展開が変わるものかと驚かされた試合でした。アルトゥロ・ビダルを入れたことでメッシとスアレスが非常に活きた。「解」を見付けた感があります。しかし今後もそれで行ってしまうのか。行ってしまうのでしょうか。
トップチーム

スアレスOUT、ファティIN に感じた可能性

FCバルセロナはなんともう12試合も、連勝がないんだそうです。その理由は明白で、アウェイで勝てないんだから連勝は難しい。フットボールは基本的に、地元/敵地の繰り返しですから。この流れを断ち切るためのカギのひとつは、スアレスをファティと交代させたビジャレアル戦の采配にあるんじゃないか。そんな光をあの後の12分間で感じました。
トップチーム

デンベレ復帰目前:医務室は空き・・・ バルベルデは招集メンバーに頭を痛めるか

ドルトムント戦でのレオ・メッシに続いて、ウスマン・デンベレもまた戦列に戻ってこようとしています。モスキートは木曜日のトレーニングではグループメニューに一部参加しており、土曜日のグラナダ戦を前に医療部の出場許可が下りるかもしれない。前線は一気に定員オーバーとなります。
トップチーム

メッシは復帰を急がず・・・ カンテラに再チャンス

レオ・メッシの今季初出場には、まだ時間がかかる様子です。パロン(リーガ中断)前は、無理をせずバレンシア戦での復帰だろうと言われていたメッシですが、試合4日前となった昨日もチームメイトたちとのトレーニングに参加せず、出場の可能性はほぼ消滅。もう少し待って万全を期しての復帰になるそうです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました