トップチーム

トップチーム

バルサの2020年補強プランとやらを見て

11月22日のMD紙が、「バルサの2020年補強プラン」なる記事を出しています。それによると来夏バルサが優先補強ポイントだと考えているのは、右ラテラル、セントラル、9番の3つ。そうでしょうね、という各ポジションですが、守備ラインに関しては迷走感も漂います。
トップチーム

エリック・アビダル強化部長「ネイマールは明らかな選択肢」

現在、FCバルセロナの強化技術部でボスを務めているのがエリック・アビダルです。夏まではペップ・セグラなる上司がいましたが、今は彼が強化部門の責任者。そんなアビさんのインタビューが11月17日(日)のバルセロナスポーツ各紙に掲載されてまして、クラブに関する諸テーマについて見解を語っています。
トップチーム

カルタヘナでのチャリティー親善試合

FIFAウィークを利用し、FCバルセロナがチャリティー親善試合を行います。バルセロナ近郊の街カルタヘナを訪れての試合で、チケットの売上金は9月にスペインで発生した洪水による被害者の援助に使われる。 バルベルデはこの試合へと22選手(トップチーム6名、Bチーム16名)を招集しています。
スポンサーリンク
トップチーム

サウジアラビア開催の新(集金)スーペルコパ、対戦カード決まる

昨日マドリー市のラス・ロサスにてスーペルコパ・デ・エスパーニャ準決勝の組み合わせ抽選会が行われ、FCバルセロナはアトレティコ・マドリーと対戦することが決まりました。場所はサウジアラビア西部の都市ジェッダにあるキング・アブダラ・スポーツシティ、開催日は2020年1月9日(木)となってます。え、なにそれ的な。
トップチーム

走れていないバルサ、欧州でどうやって勝つ

FCバルセロナは水曜日、プラハにてチャンピオンズ 1/8 final 進出のために重要な3ポイントを手に入れました。しかし翌日のバルセロニズモに、喜びは少なかった。むしろ落胆モード。厳しい試合になると予想していましたし、元々内容にはあまり期待していませんでしたが、それでもガッカリするようなパフォーマンスだったからです。
トップチーム

クーマンを呼ぶための期日は3月、ということは

ウェンブリーの英雄、ロナルド・クーマンには“バルサからのオファーに限り、EURO2020後にオランダ代表監督を去ることができる”契約条項がある。オランダフットボール連盟 (KNVB) のスポーツディレクターさんがそう明かしています。 しかしその条項を発動するためには
トップチーム

エル・クラシコは12月へ延期、政治で動かされるフットボール

エル・クラシコは12月へと延期されることになりました。10月26日はバルセロナで大きな抗議デモが呼びかけられており、安全上の問題があると競技委員会が見たからです。ただし開催日はまだ確定しておらず、7日(土)案と18日(水)案がぶつかり合っている。ここでも連盟とリーガの意見が衝突しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました