トップチーム

トップチーム

どうなるバルサ監督:チャビの決断を待つ

FCバルセロナがぐらぐらと揺れています。スーペルコパで残念な負け方をしたことで、バルトメウがエルネスト・バルベルデに対する信頼を失い、チャビ・エルナンデスに後任監督のオファーを提出。チャビがこれを受け入れれば、月曜日にも公式発表があるというのです。
トップチーム

新スーペルコパの変更点と、リキ出場への期待

FCバルセロナ一行が今日、スーペルコパのためにサウジアラビアへと旅立ちます。今季からスーペルコパは新方式になり、あれこれ変化が大きい。わざわざ中東まで遠征することと、ファイナルフォー方式になったことが最大の特徴です。方式が変わったことで、臨み方もこれまでとは違ってきます。
トップチーム

メッシ様々!リーガ通算得点でマドリーに追い付く1つ前

バルサの2020年はエスパニョールとのデルビ(ダービー)で幕を開けます。デルビはそれだけで注目される試合ですが、スパイスになって関心度を上げるのが、バルサの得点数。SPORT紙によると、ラ・リーガでのバルセロナの通算得点が、あと1つでマドリーに追い付くんだそうです(6,137と6,136)。
スポンサーリンク
トップチーム

エル・クラシコ当日、同じホテルで精神集中という話

延期されたエル・クラシコを問題発生させずに行うべく準備する各方面 バルサはいつものルーティンを変更し、マドリーの宿泊先にてコンセントレーションするという 紆余曲折のあったラ・リーガ第10節のバルサ対レアル・マドリー、“エル・クラシコ”ま...
トップチーム

エル・クラシコ目前:VARに怒るバルサ、注視される審判

レアル・ソシエダ戦の追加タイムで発生した、ジェラール・ピケに対するPK見逃し事件が論争を呼んでいます。得点、それも決勝点に絡んでくる重要局面であり、審判がファールなしと判断してもVARが介入して然るべきプレーにも関わらず、するっとスルーされたのは何故だ。
トップチーム

バルサの2020年補強プランとやらを見て

11月22日のMD紙が、「バルサの2020年補強プラン」なる記事を出しています。それによると来夏バルサが優先補強ポイントだと考えているのは、右ラテラル、セントラル、9番の3つ。そうでしょうね、という各ポジションですが、守備ラインに関しては迷走感も漂います。
トップチーム

エリック・アビダル強化部長「ネイマールは明らかな選択肢」

現在、FCバルセロナの強化技術部でボスを務めているのがエリック・アビダルです。夏まではペップ・セグラなる上司がいましたが、今は彼が強化部門の責任者。そんなアビさんのインタビューが11月17日(日)のバルセロナスポーツ各紙に掲載されてまして、クラブに関する諸テーマについて見解を語っています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました