移籍話

移籍話

ジュニオル・フィルポはバルサを待つ

バルサが探していたジョルディ・アルバの控え選手は、ジュニオル・フィルポになりそうです。バルサが提示する移籍金の額と、ベティスの要求額にはまだ開きがあるとのことですが、緑白クラブの譲歩によって適当な着地点に収まると期待される。バルサは強気の姿勢を示しています。
移籍話

マルコム、カルラス・ペレス、そしてネイマール

昨季、ローマから“奪う”かたちで獲得したものの、結局は1年で売ることになりそうなのがマルコムです。売ることを覚えた青えんじ組。もし4,500万ユーロのオファーが届けば、バルサは彼を快く手放すことでしょう。複数のクラブがマルコムに関心を抱き、特にゼニト行きが濃厚といわれます。
移籍話

グリーズマン 獲得目前・・・ バルサは最後の金策に走る

FCバルセロナによるアントワン・グリーズマン獲得作戦が完了へと向かっています。SPORTもMDも最終局面だと見ているので、もう時間の問題。あとはどれだけ早く、獲得に必要な資金1億2,000万ユーロを集められるかのようです。
スポンサーリンク
移籍話

グリーズマン作戦:契約解除金と移籍金の違い

アントワン・グリースマンを獲得するべく、FCバルセロナが活動を続けています。焦点となってきたのが、アトレティコ・マドリーへの1億2,000万ユーロの支払い方法。契約解除金として支払うのか、それとも移籍金として支払うのかで、いろいろと変わってくるからです。
移籍話

グリーズマンを迎える一週間が始まる・・・!

FCバルセロナが、忙しい一週間を迎えます。水曜、あるいは木曜あたりには、アントワン・グリーズマンの獲得も決まっているかもしれない。バルサはフランス人デランテロ獲得を実現するべく、契約解除金1億2,000万ユーロをかき集め中とされます。
移籍話

グリースマンのバルサ移籍 “解禁日”

さて今日から7月となり、欧州フットボールでは新年度の始まりです。バルサ関連での一番のニュースは、なんといっても、アントワン・グリースマンの契約解除金が今日から1億2,000万ユーロへと減額されること。順当に事が運べば、バルサは近々彼の入団を発表すると見られています。
移籍話

未来のデ・リフト価格、1億5,000万ユーロ

マタイス・デ・リフトのユベントス入団はもう確定的だ、と伝えられています。SKYスポーツイタリアが報じたところによると、選手側とユベントスは合意が成立。あとはクラブ間合意を残すのみ、のようです。注目すべきは1億5,000万ユーロに設定されたという契約解除金...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました