2018年4月18日(水)のバルセロナスポーツ紙:バライードスで耐えて1ポイント

2018年4月18日(水)のバルセロナスポーツ紙は、2-2で引き分けたセルタ対バルサの結果がメイン。MDは驚きだった先発イレブンを大きく取り上げ、SPORTはテル・ステーゲンを中心に耐えきったことを主題としています。

スポンサーリンク

MD「革命と価値ある1ポイント」

  • ■革命と価値ある1ポイント:セルタ 2-2 バルサ
  • ■異例の11人でビーゴにて引き分けたバルサ、タイトルへと近づき、無敗記録を40試合に伸ばす
  • ■デンベレとアルカセルのゴールで2度先行しながらも、10人となり、アスパスが腕で入れたゴールで同点に
  • その他の見出し
  • ■レアル・マドリー対アスレティック 21時30分:ミュンヘン遠征前の最終テスト
  • ■ハンドボール/インタビュー:ビクトル・トマス「僕らの連覇は再現できないものだ」
  • ■バスケット/パナシナイコス 95-67 マドリー:ユーロリーガ準々決勝のプレーオフでXPがマドリーを粉砕

SPORT「耐える」

  • 耐える:セルタ 2-2 バルサ
  • ■控え選手たちがバライードスで持ち堪え、デンベレとアルカセルの得点で無敗を継続
  • ■バルベルデはコパを考慮し、先発イレブンの10人を入れ替え。テル・ステーゲンが際立つ活躍
  • バルサ、タイトルまであと6ポイント
  • その他の見出し
  • ■デポルティボ 0-0 セビージャ:コパのために控えでプレーしたモンテッラ
  • ■マドリー対アスレティック 21時30分:2位で終わりたいジダン
  • ■テニス/マスターズ1000:クレーコートで始めるナダル

コメント

タイトルとURLをコピーしました