デランテロ

移籍話

前線補強、選ばれたのは・・・ ブライトワイテ

FCバルセロナがウスマン・デンベレの穴を埋めるために獲得を目指すデランテロは、どうやら Martin Braithwaite になりそうです。ラ・リーガ医療委員会からの補強許可が下りたことで、クラブは数日中の移籍成立を目指します。
スポーツ紙

2020年02月18日(火)のバルセロナスポーツ紙:隠されてたのは ブライトワイテ

2020年2月18日(火)のバルセロナスポーツ紙は、バルサの前線補強に選ばれたのがBraithwaiteだったことをメインに、メッシのローレウス賞受賞やバルトメウ理事会のスキャンダルなど盛り沢山。日を分けてくれれば好いのに。再開するチャンピオンズも要注目。
トップチーム

今日、緊急補強の可否を知るバルサ:選ばれし9番は本命のアンヘルか、隠された誰かか

FCバルセロナは今日、ラ・リーガの医療委員会からウスマン・デンベレの代わりとなるデランテロ獲得の許可を受け取ると見られています。不許可の可能性もなくはないけれど、おそらくは許可であろうと。そしてその時点でバルサは15日間の新デランテロ登録期間が設けられるのですが、ターゲットとの交渉は進んでおり、すぐにでも発表し加入・・・の目論見です。
スポンサーリンク
トップチーム

医療委員会はデンベレの医療報告を疑問視という話

長期離脱となったウスマン・デンベレの代役を獲得したいとのFCバルセロナの要望はラ・リーガによって認められ、近日中に新たなデランテロがやってくるだろう。実現確実と言われていたそんな目論見ですが、実際はそう確実でもなさそうです。ウスマンは2017年に同じ怪我を負い、3ヶ月半で戻っているからです。
スポーツ紙

2020年02月14日(金)のバルセロナスポーツ紙:今日も9番補強

2020年2月14日(金)のバルセロナスポーツ紙もバルサの前線補強がメインですが、SPORTは委員会からの獲得許可が下りないかもしれない件を大きく取り上げています。バルサバスケ部のコパ敗退も大きな話題。
トップチーム

9番補強へのカウントダウンが始まる

FCバルセロナの9番獲得作戦・冬の陣・後編の幕が上がっています。先日フィンランドで手術を受けたウスマン・デンベレの欠場期間が6ヶ月間に及ぶとの診断を受け、クラブはラ・リーガの医療委員会へと医療報告書を提出。これが認められ、穴埋め補強の許可が下り次第、新たなデランテロの加入を発表する目論見のようです。
スポーツ紙

2020年02月13日(木)のバルセロナスポーツ紙:引き続き 前線補強

2020年2月13日(木)のバルセロナスポーツ紙は、引き続きバルサのデランテロ補強について。消去法によって候補が絞られてきています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました