ムニール

選手ニュース

ムニールと移籍合意のトディボ:半年干されるか、冬の移籍か

所属クラブとの残り契約期間が半年を切り、6月末には自由契約が可能になる選手が干される。代理人が不満を漏らしたムニールをはじめ、昨日入団が公式発表されたトディボ(トゥールーズ)やラビオ(PSG)と、最近のバルサ関連ニュースでよく目にする案件です。
選手ニュース

ムニールは出るか、残るか・・・ 決めるのは本人

バルサのここまでのプレシーズンで、出番のないパコ・アルカセル。一方でムニールは2試合連続で先発ですが、セビージャから断りがたいオファーが届いたといいます。決断は選手次第。さて...
移籍話

どうなる?放出オペレーション

昨日8月31日をもって移籍マーケットが終了となったイングランド、ドイツ、フランスなどに続き、スペインでも今日9月1日に選手移籍が締め切られます。渦中のフィリッペ・コウチーニョが奇跡的なバルサ移籍となるのか、それはそれで気になるのですが、その可否にかかわらずどうにかせねばならないのが
スポンサーリンク
選手ニュース

達者で、ムニール… そしてラフィーニャも扉を閉ざさず

夏の移籍マーケットが終了まであと少しとなった8月30日、FCバルセロナとバレンシアの間で二つの取引が成されました。バレンシアからバルサへはパコ・アルカセルが移籍し、ムニール・エルハッダディは1年間バレンシアへと貸し出される。二つの移籍に契約上のつながりはありませんが、公式発表がほぼ同時だったことが示すように、オペレーションとしては一まとめとなります。ムニールに求められる役割はアルカセルの後釜。合意内容の最大の特徴は、シーズン終了後にバレンシアは1,200万ユーロでムニールを買取れる一方、バルセロナ側に買戻し権がないことで、事実上の退団といえましょう。
選手ニュース

ムニールの去就は本人が決める

FCバルセロナが第4のデランテロとして欲しているバレンシアのパコ・アルカセル獲得は、あちらのオーナーであるペーター・リム氏の決断次第であり、リム氏はすでにパコの売却を決断している、これがカタルーニャ方面スポーツメディアの共通した認識です。バレンシアはアルカセル放出に対するファンの反対を受け、会長とガルシア・ピタルチSDが「我々は彼を売りたくはない」とコメントしていますが、オーナーの考えはまた別のようで。来週になればおそらく答えは出るでしょうから、あと少し続報を待つこととしましょう。気になるのはむしろ、ムニールの去就です。
選手ニュース

ムニール:残るか?武者修行か?

デニス・スアレスやラフィーニャ、セルジ・ロベルト、ムニールなど、ネイマールとレオ・メッシの欠場の場合はそれをどうにか埋める術を持っているルーチョバルサですが、ルイス・スアレスを休ませられる同タイプの選手は今のスカッドにはいません。9番となって点を取れる選手の確保は、バルセロナにとってこの夏の大きな補強目標。ロベルト・フェルナンデスSDやルイス・エンリケが明言しているように、タイプに合ったデランテロと契約するのはまず間違いないでしょう。現在は南米市場の若手選手の移籍交渉が大詰め段階にきていると言われています。
ポストマッチ

ルイス・エンリケ「サンドロ、ムニールはもっと良くなる」

首都チーム(白い方)の笑撃的な失態が話題をさらっているその陰で、FCバルセロナが順当にコパ1/8ファイナルへと駒を進めました。0-0で終わった敵地でのイダに続き、今回もルイス・エンリケは出場時間の少ない選手たちを中心に先発イレブンを編成。そのイダではセグンダBのチームに無得点とはがっかりだ、と批判を受けた選手たちは今回はしっかりとその信頼に応え、6-1のゴール祭りとしています。主役となったのは、ついについにゴール日照りを終わらせたサンドロ(ハットトリック)とムニール(ダブル)。この試合がきっかけとなり、若きデランテロたちのゴール感覚が戻ってくることに期待です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました