メッシ躍動⇒バルサ勝利:セルティック戦

エンジン全開のD10Sを止める術はない。

依存症であろうとなんであろうと、世界最高選手が持てる才能を輝かせれば、チームは勝利へ大きく近付く。難攻不落のセルティック・パークへ乗り込んでのチャンピオンズ第5節は、そのことが改めて示された試合でした。ギガクラックはドブレーテを決めただけでなく、バルサの好機にはすべて関与する存在感でチームを牽引。彼の欠場したマラガ戦は決定力不足に泣いただけに、その影響力の強さが一段と際立っています。まあこれが、我らのD10Sの通常運転なんですけれど。試合後のルイス・エンリケは、「私たちが慣れ親しんでいるレベルのメッシがいて、私たちはゴール前で決定的だったね」とエースの活躍を称えています。

全能のフットボリスタ

地元では滅法強いセルティックに、自分たちのフットボルをさせないこと。クラシコ直後にあるグループステージ第6節を待たずしてC組勝ち抜けを決めたいバルサが目指したのは、ボールを保持し試合をコントロールしていくことでした。

そこでカギとなったのは、メディアプンタやエストレーモだけでなく、セントロカンピスタとしてもプレーをしたレオ・メッシです。試合の流れを読んでは中盤まで下りてボールを捌き、プレーがサイドで展開されているうちにするすると前線へと入ってフィニッシュに絡む。全能の言葉も大げさではないほどであらゆる局面に顔を出し、フィジカル対策として起用されたアンドレ・ゴメスの不足分を、レオジョルディ・アルバが上手く補っていました。統制された窒息プレスがなければ、レオは好きなようにやれます。

メッシネイマールの阿吽の呼吸は今回も見事でした。ネイが左から中央へ動いて溜めを作り、レオが縦へと切れ込んで崩す攻撃は、必殺デュオと呼ぶに相応しい破壊力。1人では気負ってしまうブラジル王子もキングがいることで自由に羽ばたき、メッシへのアシストを量産しています。ネイマールは今季のチャンピオンズですでに7アシストをマーク。うち4つが、9得点で大会得点王への道を行くメッシへのアシストです。

また、バルサが試合をコントロールするうえで安定感を発揮したのが、ジェラール・ピケハビエル・マスチェラーノのセントラルコンビです。マスチェのパフォーマンスが上がってきたのはチームとして大きい。バルサのギアが落ちた後半最初の10分を除き、セルティックにほぼ何もさせませんでした。

そしてバルセロナはグループC突破を決めると同時に、お得になるかどうかはくじ運次第の首位の座も確定させています。今季の各グループは“ハズレくじ”になりそうなチームがたくさんあるので、お得感のない1位になりそうな気配がぷんぷんなんですが。

ルイス・エンリケ、首位通過を称える

とはいえチームとしてはグループを1位通過することを目標として戦っていますので、ルイス・エンリケはその結果を素直に喜んでいます。「最終節を残して1位を決めた。これは喜ぶべきことだよ。私たちは非常に難しいグループにいて、試合毎に解決力のあるチームであることを証明してきたんだからね」

「試合はマンチェスター戦や、その他のフエラ戦に非常によく似ていたよ。セルティックは力のあるチームだ。試合ではチームのレベルの高さや、物事を上手くやろうとする意欲が見られた。私たちは常に注意を怠らず、戦いを良くコントロールしていた。セルティックはハイプレッシングによって私たちを苦しめようとしてきたけれど、私たちは特に問題なくボールを回すことができたし、少しずつ確実性を増していった。相手に決定機を許さず、いつものレベルのメッシがいたゴール前では決定的だった」

バルサ監督の説明によると、ネイマールを途中交代させたのは「退場を怖れたからではなく、休養を与えるため」とのこと。一方でピケジョルディ・アルバをベンチに下げたのは「怪我から回復したところなので、アノエタではなく、もっと中期的なことを考えて交代させた」と説明しています。そしてついに、マルロン・サントスが公式戦デビュー。ルーチョはバルサBの若きセントラルについて、こう述べました。

必要性があったので、デビューさせたよ。ピケはマラガ戦で足を踏まれていて、ふくらはぎに問題が出る可能性があったし、フィリアルの若者たちは使われるためにいるわけだからね。彼はフィジカルが強く、パーソナリティがある。この試合では自分がチームに貢献できること、私たちの手助けができることを示したね」

ということで、フエラ3連戦の初戦、セルティック・パーク攻略は無事成功となりました。最大の難関は次に控えるアノエタでのレアル・ソシエダ戦ですが、チーム全体でギアを上げて試合に臨めば、MSNトリデンテがなんとかしてくれると期待して観戦しましょう。またもチャンピオンズで出番のなかったデニス・スアレスが気を吐いてくれるはず!クラシコへ向け、勢いを付けていきましょうぞ。

  • レト

    アノエタでデニスの出番はあるでしょうか。
    正直、このままゴメス先発でいくような気がします。
    デニスはスペースの無い試合では今ひとつ積極性に欠けるので。
    積極性で言ったらディニェはもっと問題ですけど。

トップへ戻る