ポストマッチ

ポストマッチ

中盤を削って4-2-3-1という泣ける選択:レガネス戦

バルサがどうにかこうにか逆転勝利を収めた、ブタルケでのCDレガネス戦(1-2)。これがもう見事に、ただ勝てて良かった試合でした。ここ数週間のダメフットボールが改善する兆しを示されることもなく、これから迎える大一番を前に不安ばかりが募る内容。待ったなしでやってくるドルトムント戦やアトレティコ戦を、この調子で戦えるんでしょうか。
ポストマッチ

ジェラール・ピケ、指笛ではなく拍手をもらったカルタヘナ戦

カルタヘナで開催されたチャリティー親善試合において、ジェラール・ピケが地元ファンの拍手を受けたとニュースになっています。ムルシアの人々がジェリをどのように迎えるか。それもまた試合前の関心の一つだったからです。
ポストマッチ

泣ける現状を再確認:スラビア・プラハ戦

レバンテに敗れ、欧州戦でのリアクションを期待されたバルベルデチームが、カンプノウにてスラビア・プラハ相手に(予想どおり)しょっぱい試合をしました。45試合も続いていたという地元での毎試合得点を終わらせる、0-0のエンパテ。完封されたのは相手ポルテーロ Kolar が天晴れだったからとはいえ、内容は改善に遠く、今後どんな結末に向かうのか思うと不安しかありません。
スポンサーリンク
ポストマッチ

メッシは6度目のバロンデオロへ向け進む。ではバルサは・・・:バジャドリー戦

レオ・メッシが自身6度目となるバロンデオロへと向け進んでいます。少なくともクレは、そう信じている。その一年で最高のフットボル選手を表彰する賞であるなら、レオ以上に適格な選手がいるだろうかと。先週末のバジャドリー戦はその新たなる証明でした。では一方でバルベルデバルサはクラブ史上6度目となる欧州制覇、もしくはクレを魅了するフットボール哲学の復活へと向けて順調かというと正直、期待薄です。
トップチーム

走れていないバルサ、欧州でどうやって勝つ

FCバルセロナは水曜日、プラハにてチャンピオンズ 1/8 final 進出のために重要な3ポイントを手に入れました。しかし翌日のバルセロニズモに、喜びは少なかった。むしろ落胆モード。厳しい試合になると予想していましたし、元々内容にはあまり期待していませんでしたが、それでもガッカリするようなパフォーマンスだったからです。
ポストマッチ

テル・ステーゲンの自己批判「僕らはあるべきレベルになかった」

エデン・アレナで行われたチャンピオンズ第3節、スラビア・プラハ対FCバルセロナは予想されたとおりタフな戦いとなりました。テル・ステーゲンの活躍がなければ、バルサは相当苦しい状況に追い込まれていたでしょう。その守護神が試合終了後、「自分たちは望むレベルになかった」と自己批判。改善のために話し合わなければならないと述べています。
ポストマッチ

とりあえずの傷はふさいだ:ビジャレアル戦

FCバルセロナがビジャレアルに2-1で勝利し、とりあえずの傷をふさぎました。SPORT紙はそれを3ポイントとかけて「三針(3 puntos)縫った」と表現。縫っただけでは傷は閉じないので、これからもう少し時間をかけて完治させていく作業が必要になるバルサです。 なんだかんだでエル・クラシコが1ヶ月後に近づいてきており、早い復調が望まれますが。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました