ブラボの移籍、秒読み段階か

マンチェスター・シティ行きが確実視されているポルテーロ。

8月17日はカンプノウでのスーペルコパ・ブエルタがある日ですが、バルサがサンチェス・ピスファンでのイダを0-2で先勝していることで、試合への関心は高くなく。メディア(とファン)の興味は、大きな動きがありそうな移籍オペレーションに注がれています。セビージャ戦の前日会見でもポルテーロに関する質問が繰り返されたため、苛立ったルイス・エンリケが「今日は第4デランテロの質問はしないのかい?」と報道陣を皮肉ったりと緊張感漂うことにもなったようで。各情報によるとブラボとシティ、さらにシティとバルサもチリ代表ポルテーロの移籍で合意に達しているらしく、後任(ディエゴ・アルベス?)が確保され次第、発表があるとされています。

各方面に利益ある話

マルクアンドレ・テル・ステーゲンがヒザの靭帯を捻挫し、全治2-3週間となったことで、決着はひとまず先送りかと思えたポルテーロ問題。しかしながらこの件は15日(月)から、大きな動きを見せるようになりました。きっかけのひとつはペップ・グアルディオラがシティのプレミアリーグ開幕戦でジョー・ハートをベンチに置き、ウィリー・カバジェロを先発起用したこと。その少し後、正ポルテーロを探しているシティがクラウディオ・ブラボと合意したらしいとの情報が流れ(第一報はMDか)、そこからはあれよあれよでブラボのシティ移籍は既成事実となっています。

MD紙がブラボにごく近い人物から仕入れたという情報によりますと、彼らはガンペル杯の日(10日)、つまりはテル・ステーゲンがトレーニング中に不運な怪我(ヒザを捻って全治2-3週間)をする前日から「シティとの交渉はほぼ成立」とクラブに語っているそうです。テル・ステーゲンがシティのオファーを携えてクラブに直談判へ行ったとも報じられたのは8月2日のことでした。

バルサのシーズン計画としては、クラウディオ・ブラボ放出は考えていなかったとされます。彼らの計画は、あと1年間ブラボテル・ステーゲン体制を継続させることでした。しかしドイツ人ポルテーロのたぎる野心は“火薬庫”となるリスクを含みますし、ここで33歳のベテラン選手に良いオファーが届くのであれば、クラブはそれを放出の悪くない機会として評価するでしょう。クレ世論も反対する声は少数派です(MDウェブアンケートでは約73%がシティへのブラボ売却に賛成)。

ブラボは2年前、移籍金1,200万ユーロ 契約期間4年でバルセロナへと移籍しました。今回のシティからの申し出は、メディア情報では変動額込みで2,000万~2,500万ユーロ。バルサとしては珍しく収支がプラスになり、ポルテーロ問題は収束しますし、ブラボにとっても魅力的なオファー内容(出場機会、契約期間etc)で、ペップの希望も叶うなら、いわゆるウィンウィンウィンウィンのオペレーションです。

まずは後任を確保してから

ただし、クラウディオ・ブラボのシティ移籍はほぼ確実になったとはいえ、このオペレーションを完結させる前に、バルサは彼の後任となるポルテーロを確定させなければなりません。こういう時こそカンテラーノの出番で、ジョルディ・マシップを第2ポルテーロに昇格させるのがバルサっぽいと言えますが、ルイス・エンリケとしてはマシップはあくまで第3ポルテーロらしく。強化部は他クラブから控え役を受け入れてくれる選手を探索中で、その“ポールポジション”にいると見られているのが、前々からバルサ入りを希望していると報じられていたバレンシアのディエゴ・アルベスです。獲得に必要な費用は500-700万ユーロとされます。

ディエゴ・アルベスが有力視される理由は他にもあり、MD紙によるとそれはバルサのロベルト・フェルナンデスSDとバレンシアのガルシア・ピタルクSDが非常に懇意であることや、ブラジル人ポルテーロがパコ・アジェスタラン監督の構想から外れていることなど。アルベスであれ誰であれ、第2ポルテーロ獲得が決まって初めて、バルセロナはクラウディオ・ブラボ移籍でチキ・ベギリスタインとサインをする模様です。

ブラボ、バルサでのラスト2試合?

また17日付のSPORT紙は、クラウディオ・ブラボはあと2試合でバルサのゴールを守った後、シティの選手となるだろうと報じています。1つは本日のセビージャとのスーペルコパ第2戦、もう1つが土曜日に行われるベティスとのリーガ開幕戦です。一方でMD紙はこのセビージャ戦がバルサ選手としての彼の最後の試合となる可能性が大きいと見ているのですが、どちらにせよカンプノウのバルサファンからブラボには、過去2シーズンの貢献への感謝をこめた盛大な拍手や声援などが送られることでしょう。彼もまたクラブに多くをもたらした偉大なプロフェッショナルですから、表門から送り出されるべき選手です。

なお、ペップシティへの移籍が決まっているのであれば、バルサの試合に出場するのは怪我のリスクを伴いますゆえ、ブラボにとって簡単なことではないと推察できます。良い結末が訪れますことを期待したいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました