オリオル・ブスケツ、トップチームへ向けてリハビリ中

スポンサーリンク

ルームサイクルのペダル運動を開始。先はまだ長いが、プレシーズン参加を楽しみに頑張る

セルヒオ・ブスケツの後継者として期待される、『もうひとりのブスケツオリオル。現在は半月板の負傷でリハビリ中なのですが、夏までに回復し、プレシーズンはトップチームと出来るんじゃないか、との嬉しいニュースが出ています。

2月に半月板を損傷し、シーズンに別れ

オリオル・ブスケツが悲劇に見舞われたのは2月7日のことです。
トレーニング中に左ヒザの半月板を損傷。
19歳にしてバルサBのレギュラーとして活躍していただけに、彼にとってもチームにとっても痛い負傷でした。

この時、オリオルには手術に関してふたつの選択肢がありました。

●早くプレーを復帰できるけれどもリスクのある損傷部位の切除か、
●時間はかかるけれども将来的な確実性のある縫合手術か。

ここでオリオルは、シーズンに別れを告げることになるけれども確実な縫合手術を選択。
手術は無事成功し、5-6ヶ月に及ぶリハビリを開始しました。

バルベルデチームとのプレシーズン

手術から1ヶ月半、オリオル・ブスケツはもう松葉杖がなくとも歩行することができるようになり、ルームサイクルでのペダル運動を開始しています。

全治5-6ヶ月なのでリハビリの先は長いですが、順調に回復していけば7月半ば頃には再びフットボールをすることが可能。SPORT紙によると、『トップチームでのプレシーズンとのプレシーズンをする可能性も大いにある』模様です。

モチベーションに溢れている方が怪我の治りも早いといいますし、バルベルデもしくは彼のスタッフから「頑張れよ、待ってるぞ」と言われたなら、元気百倍ですよね。

そしてその先に見えてくる、トップ昇格・・・

契約交渉も順調

今年6月で満了することで、一時は心配されていたFCバルセロナとの契約更新に関しても、問題はなさそうでなによりです。

クラブはすでにオリオルに『怪我によって契約更新プランに変化は生じない』と伝えていて、交渉は『良いリズムで進んでいる』とSPORTは報じています。

次世代の有望株と知られるオリオル・ブスケツの元には国内外から複数のオファーが届いているといわれていますが、オリオルの希望はバルサでの成功のみ。彼もまた純ラ・マシア産カンテラーノですから、クラブへの愛着はかなりのものでしょうし、バルセロニズモの期待も大きいです。

セルヒオのバトンをオリオルが受け取る・・・
ブスケツ to ブスケツ(ただし血縁はない)
クレの夢でもあるこのイベントが達成される日を楽しみに待ちましょう。

このニュースのまとめ

  • ・現在、半月板損傷でリハビリ中のオリオル・ブスケツ
  • ・プレシーズンをトップチームでする可能性が大いにあるとSPORT
  • ・契約更新も順調らしい

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました