バルベルデ、メッシの筋肉状態について「私は落ち着いてる」

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

今日検査のレオとテル・ステーゲンのことを訊ねられ、指揮官は安心メッセージを発信

FCバルセロナのトップチーム監督 エルネスト・バルベルデが、怪我の状態が心配されるレオ・メッシテル・ステーゲンについてコメント。「木曜に検査がある」としつつも、「私は落ち着いている」と安心のメッセージを送っています。

右太ももにトラブルを抱えるメッシ

レオ・メッシは右太もも・内転筋とハムストリングスに違和感によって、アルゼンチン代表での2試合を欠場しました。
それだけ無理をしなくなった証しとはいえ、あのメッシが試合を休むのだから状態が悪いんじゃないかと不安になるのもまた事実で。

このクラックとテル・ステーゲン(代表戦でヒザを痛めた)の状態について質問を受けたエルネスト・バルベルデは、「あまり詳しくは知らないのだけれど」と認めながらも、大きな怪我はないだろうとの見解を示しました。

私は落ち着いてるよ。明日(今日)医療部の検査があるわけだし、どういう流れになるか見てみようじゃないか」

レオはバルサでの直前の試合、アスレティック戦を良い具合で終えている。違和感があるにせよ、重大なことはなにもないと期待してる」

レオ・メッシはこの3月29日(木)、バルサ医療サービス部による検査を受けます。
怪我はないと確認されれば、土曜日のセビージャ遠征まで回復期間は2日間ありますが、もっと重要な試合がすぐ後に控えてますのでリスク回避第一でいってほしいです。

気になるメッシの太もも・・・ バルサ選手の負傷情報
レオ・メッシが筋肉の痛みに悩まされています。我らのD10Sは右脚・内転筋の違和感によってFIFAウイークの親善試合ふたつを欠場。今週末(土曜)のリーガ・セビージャ戦も休み、その3日後(火曜)のチャンピオンズ・ローマ戦に備えるのが良さそうな状況です

決定的な意味を持つ1ヶ月

バルセロナにとって、これからの1ヶ月は決定的な意味があります。

ラ・リーガでは優勝へと向けて着実に歩みを進めつつ、チャンピオンズの準々決勝と、それを勝ち抜ければ準決勝。国王杯も21日に決勝戦が組まれています。
これについて、バルベルデ曰く

「私たちはこの1ヶ月に全てのコンペティションを賭けてプレーする。それは事実だ。代表選手たちがどのような状態で戻ってくるのか、見るのを期待してるよ」

選手たちの状態を、早くその目で確認したくてそわそわしているチングリさん。
医療部からは昨日、ルーカス・ディニェが太ももを負傷して全治3週間、とのニュースが届いてますが、メッシテル・ステーゲンジェラール・ピケらはどうか軽傷でありますように。

チャリティブック

バルベルデ監督が昨日、報道陣の前に姿を現したのは、毎年恒例のチャリティブックの発表会見のためです。

スポーツジャーナリストたちが寄稿し、その売り上げが医療関係の団体に寄付される RELATOS SOLIDARIOS の第14回。毎年カタルーニャ方面のスポーツ著名人が『パトロン』となり、2018年度版に選ばれたのがエルネスト・バルベルデでした。

(2017年はバイクのマルク・マルケス、2016年はルイス・スアレス、2015年はハビエル・マスチェラーノ、などなど)

心優しき“キラー” スアレス
悪童だの、噛み付きだの言われているルイス・スアレスですが、彼が実はそういった人間でないことをバルセロニスタはこの1年半で理解してきました。リバポーファンならとっくに知ってたと仰るでしょうが、遅ればせながらクレも彼の人間性に惹かれているところです。ルイス・スアレスは昨日(21日)、毎年恒例のチャリティー本 Relatos Solidarios の出版発表会に出席しました。そこでバルサの9番はPKUを患っている幼な児カンデラちゃんと出会い、次のゴールを捧げることを約束。そしてコメントの際に言葉につまり、涙ぐんだ心優しき“キラー”です。

このニュースのまとめ

  • ・代表戦を休んだメッシについて、バルベルデは「私は落ち着いている」
  • ・レオやテル・ステーゲンたちは今日クラブ医療部が検査
  • ・チャリティブック RELATS SOLIDARIOS の今年の支援者(表紙)はバルベルデ

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る