2018年3月29日(木)のバルセロナスポーツ紙:FIFAウイルスとウンティティの後釜

2018年3月29日(木)のバルセロナスポーツ紙は、FIFAウイルス(特にメッシ)の情報を中心にそれぞれの独自特集。SPORTはやたらとウンティティの去就ネタを引っ張ってます。バルサのハンドボール部がリーグ優勝。バルサ女子はチャンピオンズ敗退で残念。

スポンサーリンク

MD「安心を」

  • ■「安心して
  • テル・ステーゲン、メッシ、ピケの違和感をバルベルデは心配しておらず、大したことではないとする
  • ■ディニェは左脚を負傷しており、もしFIFAウイルスの代金を支払うのなら、3週間の欠場となるだろう
  • その他の見出し
  • バルサが狙うデ・リフトが、バルセロナを観光
  • バルサ 0-1 リヨン:ガールズの欧州の夢が終わる
  • ■ハンドボール/シウダー・エンカンタダ 27-30 バルサ:バルサが8年連続、25度目のリーグ制覇
  • ■アトレティコ:グリースマンのためのシールドを準備

SPORT「新たなウンティティ探し」

  • ■新たなウンティティ探し
  • もしウンティティが退団を決めたときのために、バルサは水準にあるCBの捜索を速める
  • レングレット(セビージャ)3,000万ユーロ:契約解除金とスペインでの経験が魅力
  • KEURER(シャルケ)3,500万ユーロ:ドイツ代表が力強く候補者リスト入り
  • ウパメカノ(ライプチヒ)1億ユーロ:マーケットで人気の若きCB
  • その他の見出し
  • メッシはセビージャ戦出場を目標に、今日検査を受ける
  • バルサ、リーガ優勝(ハンドボール)
  • ■SPORT独占:アルトゥールの親密な一面 IN ブラジル
  • ■スペイン代表:ロペテギはすでにロシア大会へのイレブンを決めている
  • ■女子フットボール/バルサ 0-1 オリンピック・リヨン:チャンピオンズの夢、終わる

コメント

タイトルとURLをコピーしました