無敗継続なるか・・・ のバライードス遠征

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

コパ決勝があるのでローテーションしつつ、記録延長も狙う。

ラ・リーガの残り6試合で7ポイントを勝ち取れば優勝ということで、気分が高まりつつも確定ムードも漂っているバルセロニズモ。今日のセルタ・デ・ビーゴ戦はそんなクレにとって、なかなかに臨み方の難しい試合です。無敗優勝がなるかどうかの分岐点でもあります。

過去2シーズンはいずれも4失点

セルタの本拠地バライードスはここ数年、バルサにとっては苦い思い出の地となっています。

  • ●2016/17シーズン。エラー連発し、開始32分で3失点、4-3で黒星。
  • ●2015/16シーズン。エラーが目立ち、4-1で完敗。
  • ●2014/15シーズン。ムッシュ・マティエウ弾で0-1の辛勝。

この苦手スタジアムへと、週末(4日後)のコパ・デル・レイ決勝が頭にちらつく状態で乗り込むエルネスト・バルベルデは招集リストからジェラール・ピケセルヒオ・ブスケツアンドレス・イニエスタの中軸3人を外し、イバン・ラキティッチもリハビリ中です。

リーガ初黒星もありそうですが、せっかくの11ポイント貯金を活かしてローテーションをしていこうとの判断は悪くない。バレンシア戦から中2日ですし、重要度の高いのは土曜日のセビージャ戦ですから。

今季はコパ1/8 finalで一度バライードスを訪れていて、大幅ローテーションをしつつも、アルナイスのゴールで引き分けています(1-1)。

主力を休ませつつ、どう臨んでいくか

セルタ戦に招集を受けたのは以下の18選手です。

テル・ステーゲン、シレセン、セメド、デニス、ルイス・スアレス、メッシ、デンベレ、コウチーニョ、パウリーニョ、アルカセル、アルバ、ディニェ(怪我明け)、セルジ・ロベルト、アンドレ・ゴメス、アレイシ、ウンティティ、ジェリー・ミナ、ベルマーレン

中盤はいくつかのパターンが考えられます。

ドブレピボーテで濃厚なのはアンドレ・ゴメスパウリーニョのコンビ。ここにセルジ・ロベルトが入ってくるかもしれない。中盤の左サイドはコウチーニョ。右はおそらくデンベレですが、ここにロベルトもあります。

前線はレオ・メッシルイス・スアレスのどちらかは温存されるかもしれない。

このセルタ・デ・ビーゴ戦にバルサはどのようなメンタリティで挑むのか。
勝点的には1つ負けたところで問題にはなりませんが、難関バライードスで勝ったほうがコパ決勝へむけて士気上がりますし、ローマ戦があれだっただけにショボい試合をして負けたらダメージになりかねません。

一番良いのは、勝って気持ち良くコパ決勝へと臨むこと。でも結果として引き分けでも悪くはない。
ヨーロッパリーグ出場権のために勝点3を取りにくるであろうウンスエチームを相手に、バルサはどんな試合をするでしょうか。

このニュースのまとめ

  • ・去年は4-3、一昨年は4-1で負けてるバライードス
  • ・ピケ、ブスケツ、イニエスタを温存、ラキティッチもリハビリ中
  • ・無敗記録を伸ばしたいが、週末のコパ決勝も気になる

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る