オリオル・ブスケツ、契約更新!

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

セルヒオの後継者候補として特に期待されるカンテラーノ、契約解除金は2億ユーロに

ラ・マシアを愛するバルセロニスタが待ち望んでいた公式発表が、ようやく行われました。FCバルセロナとオリオル・ブスケツ(19)が契約を2021年まで更新(2年延長オプション付き)。契約解除金はなんと、2億ユーロに設定されています。

特に将来を期待される若手

オリオルはバルサBでプレーするセントロカンピスタで、同じ姓をもつ(でも血縁関係はない)セルヒオ・ブスケツと同じピボーテを担当します。セルヒオの後継者になることを期待される、逸材。
エルネスト・バルベルデは何度か、2018/19シーズンにはトップチームでプレーする機会があるだろうと語っています。

期待度の高さは、今回のサイン儀式がジュゼップ・マリア・バルトメウの会長室で行われたこと、フットボール部門の責任者ペップセグラ(スポーツマネージャー)もやってきたこと、そして契約解除金が驚きの2億ユーロに設定されていることからも伝わってくる。

最初チュミの契約解除金が 1億ユーロになった時も驚きましたが、オリオルは2億ユーロまできたかと。

それにしてもバルトメウさん、最近はリキ・プッチアベル・ルイス、このオリオル・ブスケツと若手の契約更新によく出てくるようになりました。

リキだけ特別扱いはマズいという判断か、我が理事会はカンテラーノを大事にしてますとのアピールか。

プレシーズンはトップチームと

オリオル・ブスケツは2007年、8歳の時にサン・フェリウのフットボールスクールからバルサに入団をしています。いつも1つ年上のカテゴリーでプレーをし、2017年には18歳でバルサBデビュー。昨シーズンは国王杯ムルシア戦でトップデビューも果たしました。

2月に負った不運な怪我によって左ヒザ半月板の手術を受け、現在はリハビリの最終段階にあるオリオル
来週の木曜日(12日)にはラモン・クガット医師による診断を受け、許可を得られればトップチームのUSAツアーに参加する見込みとなっています。

少しずつチャンスをものにして、1年後にはトップ昇格確実となっていれば最高。

ということで、6月30日にクラブとの契約が切れていたオリオル・ブスケツが無事、こうしてサインを終えたのでよかったです。まあ彼の場合は公式ニュースにて「基本合意済み、あとはサインだけ」と告げられていたので、安心していましたが。

あとはアレックス・コジャドの契約が同じく6月30日で満了しているはずなので、こちらも早く良い知らせが聞きたい。バルト会長よろしくお願いします。

このニュースのまとめ

  • ・オリオル・ブスケツとバルサが2021年まで契約更新
  • ・セルヒオ・ブスケツの後継者として期待される
  • ・2018/19シーズンはトップチームに呼ばれる見込み

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る