マッチレポート|リーガ第18節 ヘタフェ 1-2 バルサ

Liga Española | jornada 18

苦しみながらも、メッシとスアレスのゴラッソで接戦をものにした。
アトレティコは5、レアル・マドリーには10ポイント差に拡大。

堅守を誇るヘタフェに対し、予想されたとおりに苦労したバルサ。勝敗を分けたのはクラックの決定力、レオ・メッシルイス・スアレスの別格の得点力がバルセロナに勝点3をもたらした。後半は特に、いつ同点にされても不思議でない展開。ライバルたちが後退するなか、こういう試合で勝ち切れたのは大きい。

Embed from Getty Images

スポンサーリンク

試合の流れ

堅守vs高火力:得点がラ・リーガで最多のバルサと、失点が2番目に少ないヘタフェの“ホコ×タテ対決”。どちらに転んでもおかしくはない試合において違いを見せたのが、メッシスアレスだった。バケーション明けにヘタフェのプレッシングは苦労する。



不安定な立ち上がり:序盤はヘタフェのペースで進んだ。9分にはアーリークロスに合わせたハイメ・マタにネットを揺らされるのだが、これは直前にラングレへのアンヘルのファールがあったとして得点を認められず。クアドラ・フェルナンデス主審はよくあれを取ったものだ。
その少し後には、アルトゥロ・ビダルの危ないバックパスを処理しようとしたテル・ステーゲンにあわや負傷かという場面も。このあたりのバルサはドタバタしていた。

困った時に現れる、それがメッシ:そんな落ち着かない状況に現れ、チームに命を吹き込むのが大エースのレオ・メッシだ。相手DFがクリアしきれずにエリア内に浮いたボールに誰よりも速く反応すると、CBたちとGKを抜き、角度のないシュートを無人のゴールに流し込むD10S・・・ 技術と速さ、なんて集中力と直感。

スアレスのゴラッソ:先制したことでバルサは楽になり、良い具合にボールを支配できるようになる。26分、ピケのゴール前至近距離弾はGKダビ・ソリアによって止められたが、このあたりはバルサの時間帯。39分にはメッシのフリーキックからルイス・スアレスの豪快なボレーが決まってリードは2点へと広がった。

ヘタフェの反撃:だがしかし、気骨あるヘタフェはこの得点で意気消沈しない。むしろここからはヘタフェタイム。アランバリのクロスがジョルディ・アルバのオウンゴールになりかけた後(ポスト直撃)、アーリークロスの折り返しをマタにフリーで押し込まれ点差は1点に縮まっている(43分)。前半のうちに1点返したことで、ヘタフェはパワーを得た

後半も苦労:後半には少なくとも3度、ヘタフェに決定機があった。49分の左ポストをかすめたアンヘルのシュート(テル・ステーゲンのキックが拙かった)と、テル・ステーゲンがパラドンしたCKからのカブレラ弾と。1対1へと抜け出したマタにテル・ステーゲンが抜かれた67分の場面では、無人のゴールに入れるだけのシュートを外してくれたことで助かった(オフサイド判定でもあったが)。

●試合を落ち着けるべく、エルネスト・バルベルデは温存していたセルヒオ・ブスケツ(前々日に体調不良)を送り出す。しかし事は思惑どおりに運ばず・・・ 以下は管理人の体調不良のために省略。

トピックス

更新中:。。。




Getafe FC Barcelona
1 2
6 de Enero 2019 – Domingo 20:45 h
Coliseum Alfonso Pérez
:14,721
Goles
  Messi (20)
  Suárez (38)
Mata (42)  
Titular
David Soria 【】Ter Stegen
Damián 【】Sergi Roberto
Djené 【】Piqué
Cabrera 【】Lenglet
Antunes 【】Jordi Alba
Foulquier 【】Rakitic
Maksimovic 【】Arthur
Arambarri 【】Arturo Vidal
Portillo 【】Messi (c)
Ángel 【】Dembélé
Jaime Mata 【】Suárez
Cambios
Foulquier→ Jorge Molina (57) Arturo Vidal→【】Busquets (69)
Ángel→ Samu (73) Dembélé→【】Coutinho (83)
Portillo→ Robert (83) Arthur→【】Aleñá (88)
Entrenadores
José Bordalás 【】Ernesto Valverde
Arbitro
Cuadra Fernández (balear)
Tarjetas
Foulquier (14) Arthur (11)
Damián (60) Jordi Alba (14)
Cabrera (68) Arturo Vidal (64)
Maksimovic (76)  
名前の次の数字は評価点:平均点【5】
Estadisticas
1a 2a Total Total 2a 1a
1 0 1

Golesredcard

2 0 2
5 3 8 (2)

Tiros a puertaredcard

11 (8) 6 5
2 2 4

Ocasiones de Golredcard

6 3 3
0 4 4

Cornersredcard

3 1 2
1 2 3

Fueras de juegosredcard

2 1 1
    220

pasesredcard

737    
23%   24% Posesion del Balon 76%   77%
9 14 23

Faltasredcard

12 8 4
1 3 4

Tarjetas Amarillasredcard

3 1 2
0 0 0

Tarjetas Rojasredcard

0 0 0
Formación

ラフィーニャ、サンペール、ウンティティ、ベルマーレンが負傷欠場。
ムニールが監督判断で招集外。デニスがベンチ外。
セメド、ブスケツ、コウチーニョ、シレセン、マルコム、ムリージョ(初招集)、アレニャーがベンチスタート。

怪我から復帰したセルジ・ロベルトがさっそく先発起用された。
体調不良のセルヒオ・ブスケツはベンチスタートとなり、ラキティッチが中盤の底に。アルトゥロ・ビダルは6試合連続となる先発出場で完全に定着。

交代はいずれも試合終盤に。70分、まずはアルトゥロ・ビダルに替えてブスケツでラキティッチがインテリオールへと移動。
続いてデンベレが任務終了となってコウチーニョに出番。
最後はアルトゥールからカルラス・アラニャーへ。

Titular Final
先発時 終了時
 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました