スポンサーリンク

カルラス・アラニャー、招集から外れて「驚いた」けれど「監督との関係はすごく良かった」

起用されないことについて説明はなかったが、空気は悪くなかったと説明
チームを率い、決断するのは監督だと大人のセントロカンピスタ

冬のマーケットでベティスへと期限付き移籍したカルラス・アラニャー。週末のラ・リーガでは途中出場ながらもデビューを果たし、水曜日に入団プレゼンテーションも行われた彼が、バルベルデとの関係などについてラジオ番組で語っています。相変わらず大人なんですよね。

ユベントス戦目前

バルベルデとの関係

アラニャーが語ったのは、ラジオ局SERの番組 El Larguero です。
セントロカンピスタは今季のラ・リーガ開幕戦で先発起用されたものの、ハーフタイムで交代となり、その後は12月7日の第16節まで出番がありませんでした。
夏の時点でベティスに移籍しようとしたところ、バルベルデの希望によって残留したにも関わらず、3ヶ月以上も干される不可解。アラニャーもこれには困惑したでしょう。

外されたのは驚いたよ。先発でスタートして、チームが悪い前半をした後、ああいうふうに外されて、すごく難しい数ヶ月間だった。でも監督との空気が悪くなったことは一度もなかったんだ。チームを率いているのは彼だからね、僕は少しでも早く試合に戻れるようにハードワークして、時間はかかったけれど、そう決めたのは彼だから。驚いて、少しはこんちきしょうってなるけれどね」

干された理由の説明は不要

アラニャーを干し続けたことに関して、バルベルデからの説明はなかったと彼は言います。

どうして僕を招集しないのか、彼からは一切話されなかったよ。説明をする必要もないしね。試合に出た時に何故プレーをしたのかを教えはしないわけで、出ない時も説明の必要はないんだ。でも彼との関係はすごく良かったよ。彼が僕のためにしてくれたことには満足している」

「彼にはお別れの電話をかけたよ。彼は僕が出て行きたがっていると知っていたんだ。12月の初めには、彼は僕が去る決断をしたことを分かっていた。彼にはまた会えればいいね、って言ったよ」

アラニャーが試合で起用され始めたのはその12月の初めからですから、バルベルデは選手が翻意することを狙ったんでしょうか。

バルベルデは僕をトップチームに上げてくれた人だし、去年僕は24試合でプレーをした。彼を批判することはないさ」

大人。

そんな大人のアラニャーは禁断のマドリー移籍について訊ねられると、「フットボール界では多くのことがひっくり返るからね。僕は人生全てがバルサで、難しいだろうけれど、決してないとは決して言うなと教えられてきたから。でも僕にとっては、マドリーはライバルチームだよ」と回答しています。

カンテラーノの昇格について

もうひとつ、アラニャーが語ったのはカンテラーノのトップ昇格についてです。トップチームに定着することの難しさを知るセントロカンピスタはいいます。

上に上がって、前進するのを急いでいるよ。それはすごく大きな一歩だから準備が必要になるし、世界最高レベルが集まるトップチームではすごく要求度が高いんだ。たとえば中盤にはアルトゥロ・ビダルデ・ヨングラキティッチのような選手がいるわけで・・・ それにアンスカルラス・ペレスのような準備の出来てる若者にも出番を与えないといけないしね。チャンスを与えないといけないけれど、忍耐やレベルが備わっていることも必要だよ」

6ヶ月後に予定されるバルサ復帰に関しては、「今はベティスにだけ集中しているので、先のことは考えたくない」というアラニャー。でも「カレンダーのバルサ戦の日には印を付けてある」ということなので、2月9日を楽しみにしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました