2019-05

移籍話

消えぬグリースマン話:3月にサイン済みとの怪談も

アントワン・グリースマン(28)のウワサ話が消えません。ネガティブ要素が多すぎるオペレーションなのに、消えない。怖いのは、選手との合意文書を掴んだという報道です。
スポーツ紙

2019年5月31日(金)のバルセロナスポーツ紙:ネイマールとグリースマンと

2019年5月31日(金)のバルセロナスポーツ紙は、グリースマンとかネイマールとか。ブラジレーニョは本気でバルサに戻りたがってそうな雰囲気。
トップチーム

2019年夏のバルサ退団メジャー候補・・・ 現時点はこの5人

新しく選手を加入させるためには、まずスカッドに空きを作らなければならない。FCバルセロナはその放出オペレーションを、6月のうちに進めたいと考えています。スカッドの刷新が実施されると見られている2019年夏は、主力選手も数名、放出候補となっている様子
スポンサーリンク
スポーツ紙

2019年5月30日(木)のバルセロナスポーツ紙:ネイマールは戻りたい

2019年5月30日(木)のバルセロナスポーツ紙は、バルベルデのことは一旦横へ置き、バルサのマーケット関連がメイン。もしコウチーニョが出て、ネイマールが戻れば、この2年はなんだったのか的な。
トップチーム

今すぐのバルベルデ解任はない

エルネスト・バルベルデの去就をめぐり、バルサ系メディアが賑やかになっています。昨日28日には、バルサによるバルベルデ解任発表があるとのニュースも流れました。しかしクラブはその解任報道を即座に否定...
スポーツ紙

2019年5月29日(水)のバルセロナスポーツ紙:引き続きバルベルデの去就

2019年5月29日(水)のバルセロナスポーツ紙は、昨日に引き続いてバルサ監督の去就を巡るあれこれがトップニュース。逮捕者も出た八百長疑惑やエスパニョールのルビ監督退団も大きな話題です。
クラブ全般

コパ敗退で強まるバルサ内部の嵐・・・ 憂うつな5月

アンフィールドショックを少しでも和らげるべく臨んだコパ決勝で、不甲斐なく敗北。バルサ内部の騒音は強まり、バルトメウ理事会は難しい決断に直面しています
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました