2019-07

マッチレポート

【マッチレポート】楽天カップ ヴィッセル神戸 0-2 バルサ

カンテラーノ、カルラス・ペレスが後半に決めた2得点によって、FCバルセロナがヴィッセル神戸に0-2の勝利。夏の親善試合も2試合目となり、少しずつフォームが上がっている。話題はなんと言ってもペレス。公式戦でも是非チャンスを与えてほしい。
クラブ全般

クライフェルト、カンテラの最高責任者になるの巻

パトリック・クライフェルト Patrick Kluivert(クライファート)を育成部門の新ディレクターに指名した、とFCバルセロナが公式発表をしました。 契約期間は、2021年6月末までの2年。バルサが最近進めている、ラ・マシア改革のひとつです。
選手ニュース

アラニャーが、背番号変更の件でクラブに苦言

ジャパンツアー2019も、残すところあと2日。昨日25日の神戸でのトレーニング前には、カルラス・アラニャーが背番号変更を巡ってクラブ理事会へと厳しいメッセージを発するという、驚きの出来事がありました。「背番号に関しては彼と僕の問題だからね。理事会からの一言がなくて寂しかったよ...
スポンサーリンク
スポーツ紙

2019年7月26日(金)のバルセロナスポーツ紙:ネイマールとジュニオル

2019年7月26日(金)のバルセロナスポーツ紙は、バルサの補強関連がメインニュース。MDはSPORTが推すネイマールが「だめ」だと大きく伝えています。世界水泳の水球でスペインが男女ともに決勝へ勝ち進んだ件も注目度高し。
選手ニュース

カルラス・アラニャー「先発になるために戦う」

カルラス・アラニャーにとって2019/20シーズンは、ファーストチーム定着のための重要なシーズンです。昇格2年目の、真価が問われ始める一年。バルベルデのメンバー選びを難しくしてやろうと、野心と意欲を燃やしている彼は、「たくさん試合に出たいし、先発メンバーとなるために戦おうと燃えてる」と野心的に語っています。
選手ニュース

どうする中盤の再編成:バルベルデの言葉で ラキティッチ周辺がまた騒がしく

先日の楽天カップ/バルサ対チェルシー戦から生まれた出来事の中で、大きな波紋を呼んでいるのがエルネスト・バルベルデの発言です。試合終了後にラキティッチについて訊ねられたミスター曰く、 「過去の2年間は重要な選手だったけれど、今季はどうなるか分からないよ」
スポーツ紙

2019年7月25日(木)のバルセロナスポーツ紙:イニエスタとの再会

2019年7月25日(木)のバルセロナスポーツ紙は、それぞれ独自の表紙でMDがイニエスタ&デ・ヨング、SPORTはルイス・スアレス。その他にも水球女子、U-19スペイン、アセンシオの負傷と盛り沢山です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました