ユウ

ポストマッチ

「僕らは人数が少ない」というブスケツの不満と、実際厳しいナポリとの第2戦

選手層の薄いバルサの綱渡りが続いています。スアレスとデンベレ、ジョルディ・アルバ、セルジ・ロベルトが負傷中で、ナポリ戦ではピケが足首を捻って交代。さらにセルヒオ・ブスケツとアルトゥロ・ビダルが出場停止になることで、イタリアーノとのブエルタは起用可能選手がぎりぎりになる模様です。そしてこういった状況を作った強化技術部に対し、セルヒオが「人手が足りない」と編成方針への不満を表しています。
マッチレポート

【マッチデータ】チャンピオンズ1/8 1st ナポリ 1-1 バルサ

FCバルセロナが引き分けをナポリから持ち帰った。内容以上の結果といえる。出来はイタリアーノの方が上回っており、カタランチームの切れ味は鈍かったのだが(特に前半)、後半の改善した時間帯にグリーズマンが貴重なアウェイゴールを決めて1-1の同点に。勝負の行方はカンプノウでのブエルタに持ち越された。
トップチーム

元気復活のバルサ:セルジ・ロベルトの負傷は痛い

FCバルセロナとバルセロニズモが息を吹き返しています。騒動と混乱に満ちた数週間を経て迎えたこの2月下旬。ナポリ戦とベルナベウクラシコが続く決定的な1週間を前にして、バルサの元気が復活しました。メッシ様々とはいえ、これは大きい。良い精神状態をもって、セティエンチームはビッグウィークへと乗り込んでいきます。痛いのはJOKERセルジ・ロベルトの負傷。
スポンサーリンク
スポーツ紙

2020年02月24日(月)のバルセロナスポーツ紙:ナポリ戦まであと1日

2020年2月24日(月)のバルセロナスポーツ紙は、明日のCLナポリ戦へと挑むバルサが上り調子であることを伝え応援する紙面。
マッチレポート

【マッチレポート】ラ・リーガ第25節 バルサ 5-0 エイバル

FCバルセロナがSDエイバルに5-0で完勝を収め、次に迎える決定的1週間へと弾みを付けた。エイバルを粉砕したのはリーダー・メッシによる圧巻のハットトリック。前半で勝負は決まり、後半の省エネモードを可能とした。ブライスウェイトはメッシの4点目とアルトゥールの5点目をアシストで上々のデビュー。
トップチーム

不用意発言を反省のアビダル「多くのことを勉強をした」

バルサの新加入選手マルティン・ブライスウェイトの入団会見において、主役よりも注目を集めたのが強化技術部長であるエリック・アビダルでした。SPORT紙のインタビューでバルベルデ解任の理由に選手たちを挙げ、カピタン・メッシの反論を受けた“事件”後、初となる公への登場だったからです。
選手ニュース

ブライスウェイト、ちょっと切ない入団会見

FCバルセロナがウスマン・デンベレの代役として緊急補強した選手、マルティン・ブライスウェイトの入団プレゼンテーションが昨日(20日)カンプノウで催されました。クラブ発表によると契約期間は2024年6月末まで、契約解除金はど~んと3億ユーロです。背番号はカルラス・アラニャーが使っていた「19」番。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました