ユウ

スポーツ紙

2020年3月04日(水)のバルセロナスポーツ紙:バルサの現状改善とコロナ

2020年3月04日(水)のバルセロナスポーツ紙は、バルサの現状改善に関するニュースがメイン。SPORTは(予想どおりに)ネイマール復帰へと話をつなげています。コロナウイルスの影響による無観客試合も大きな話題。
スポーツ紙

2020年3月03日(火)のバルセロナスポーツ紙:コロナウイルスが脅かす

2020年3月03日(火)のバルセロナスポーツ紙は、バルサのスカッド問題やコロナウイルスのスポーツ界への影響が大きなテーマ。SPORTはバルサゲートを今日も追いかけます。
マッチレポート

【マッチレポート】ラ・リーガ第26節 R.マドリー 2-0 バルサ

ラ・リーガで第180回目となるエル・クラシコを制したのはレアル・マドリーだった。前半のジダンチームは活気がなく、バルサが主導権を握ったが、後半はマドリーの圧力に屈して攻撃を組み立てられず。守備で踏ん張るもビニシウスにこじ開けられ、終了直前にはマリアーノにもとどめの一撃を食らった。バルサは首位を失い、通算勝利数での歴史的追い抜きも成らず。
スポンサーリンク
トップチーム

エル・クラシコ:成るか、もう一つの“追い抜き”

FCバルセロナはラ・リーガ前節のエイバル戦である大きな出来事を達成しました。プリメーラ・ディビシオンの通算得点でマドリーを追い抜き(6151-6150)、トップに立った歴史的一件です。そして今週日曜のマドリー戦では、さらにもう一つの“ソルパッソ(追い抜き)”が実現するかもしれない。リーガ対戦成績での勝ち越しです。通算得点で抜いたのは57年ぶりでしたが、こちらは史上初。期待が高まります。
スポーツ紙

2020年2月28日(金)のバルセロナスポーツ紙:クラシコを怖がるマドリー

2020年2月28日(金)のバルセロナスポーツ紙は、調子を落とすレアル・マドリーがバルサとの大一番を怖がっているという件がメインニュース。バルサバスケ部の劇的勝利も大きな扱いです。
トップチーム

ナポリ戦での収穫と、マドリー戦以降への課題

先日エスタディオ・サンパオロにて行われたナポリ戦でバルサは、貴重なエンパテ(引き分け)を手にしました。ヨーロッパ戦において敵地でのイダを1-1で終えた場合、バルサはブエルタでほとんど勝っている(12/14)。セティエンが「結果は良かった」と語ったように、チャンピオンズ準々決勝進出へ向けて視界良好と言うこともできます。でもね。。
スポーツ紙

2020年2月27日(木)のバルセロナスポーツ紙:ペップシティがベルナベウで先勝!

2020年2月27日(木)のバルセロナスポーツ紙は、ペップ率いるシティがベルナベウで見事に逆転勝利したことを大きく。バルサが勝ったような取り上げぶりです^^
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました