カルラス・ペレス

選手ニュース

カルラス・ペレスの道はローマへと続く・・・(ようだ)

カルラス・ペレスの移籍に関して、ASローマとFCバルセロナが基本合意したとのニュースが流れています。バルサ新監督キケ・セティエンが彼を戦力視しておらず、金曜日のトレーニング後、彼に移籍を勧めたという話。複数のクラブが関心を持った中で、イタリアーノが少なくとも今しばらくのカンテラーノの所属先になりそうです。
選手ニュース

カルラス・ペレスはあと30分で一軍契約

今週末のレガネス戦は、カルラス・ペレスにとって大きな意味をもつ試合になるかもしれません。というのも彼の契約書には「公式戦7試合に出場すればファーストチーム選手になる」との条項があり、その条件クリアまであと30分なのだと。
選手ニュース

カルラス・ペレス「バルサにいる方が、16歳で大金を稼ぐより大事」

カルラス・ペレスがラジオ局SERカタルーニャの取材に応じ、バルサへの一途な思いを語りました。「お金に導かれて行動する人はいるし、全ての決断を僕は尊重するけれど、僕はここで成功がしたいんだ。お金は足りているよ。僕にとってはここにいることの方が、16歳で1億5,000万ユーロを稼ぐよりも重要だよ。僕の夢は、ここで成功することだ」
選手ニュース

カルラス・ペレス、トップ契約まであと●試合

パッとしない結果が続いている2019/20シーズン序盤のバルサにおいて、バルセロニスタのお楽しみとなっているのがカルラス・ペレスです。世界を代表するメガクラック、とまではいかずとも、“第2のペドロ”になれそうな予感を漂わせているカンテラーノ。バルベルデには是非、この若者を育ててほしいです。
トップチーム

ワゲが合流:トップチーム登録まであと一歩。そしてカルラス・ペレスとアベル・ルイスは

セネガル代表としてコパ・アフリカ(準優勝)を終えたばかりのムッサ・ワゲが、夏休みもそこそこに、バルセロナへと戻ってきました。バルベルデチームでのプレシーズンを始めるためです。
移籍話

マルコム、カルラス・ペレス、そしてネイマール

昨季、ローマから“奪う”かたちで獲得したものの、結局は1年で売ることになりそうなのがマルコムです。売ることを覚えた青えんじ組。もし4,500万ユーロのオファーが届けば、バルサは彼を快く手放すことでしょう。複数のクラブがマルコムに関心を抱き、特にゼニト行きが濃厚といわれます。
トップチーム

日本ツアー2019の収穫:新戦力の適応、カルラス・ペレス etc

プレシーズンの大きなお楽しみが、新戦力やカンテラーノたちの新鮮なプレーです。その点でこの日本ツアーは収穫があった。新加入のグリーズマンとデ・ヨングはどちらも活躍が見込めそうなパフォーマンスを示し、カルラス・ペレスやリキ・プッチらカンテラーノの輝きもあったことで...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました