セルジ・ロベルト:契約更新について「バルサは人生のクラブ。ずっとここに居たい」

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

クレは僕の契約で苦しむ必要はない、と優しいメッセージ

昨日11月20日、バルセロナ市内で行われましたカタルーニャ・フットボル連盟による各賞授与式。その主役となったのは年間最優秀カタルーニャ人選手賞のトロフィーを受け取ったセルジ・ロベルトでした。ロベルトといえば、現在進行中のリハビリと契約更新。バルサとの交渉について「いつまでもここに残っていたい」と残留の意思を強調するあたりが清々しいです。

Embed from Getty Images

スポンサーリンク

カタルーニャフットボル界の祭典

今回開催されたセレモニーは、カタルーニャフットボル連盟とスポンサーとなっているビール会社アストレージャ・ダムの主催で、今年で6回目となります(公式サイト)。会場はビール工場をイベントホールへと改築した l’Angiga Fábrica d’Estrella Damm 。行ったことありませんが、ノスタルジックで雰囲気のある会場です。下はマルセ祭りのイベントポスター。カタルーニャフットボル連盟のフォトギャラリー

今回の第6回カタルーニャフットボル・ガラ。FCバルセロナ関連では2016/17シーズンの最優秀男子選手賞にセルジ・ロベルト、最優秀女子選手賞にアレクシア・プテリャス、最多得点女子賞にオルガ・ガルシアが選ばれています。そして元バルサ選手でフベニール(ユース)の指揮を執っていたオスカル・ガルシアが最優秀監督賞、元バルサBのジョナタン・ソリアーノが最多得点選手賞を受賞。この2人、なんか嬉しい。

PSG戦の決勝ゴールは絶対に忘れない

セレモニーの主役となったセルジ・ロベルトは、約3週間前にアテネで負った怪我の回復具合について、こう説明しています。

「回復はすごく順調だよ。ユベントス戦とバレンシア戦には間に合わないけど、少しでも早く復帰できればと思ってる。クラシコ?間違いなく大丈夫だよ」

受賞の大きな理由となったPSG戦での決勝ゴールについては、「大興奮の夜だったね。あの瞬間のことは絶対に忘れたりしないだろう。映像はもう数え切れないほどに見たし、いまでも興奮するんだ。特別なゴールだった。チャンピオンズが優勝で終わらなかったのが残念だよ」と語るセルジ

あのゴールはバルサにとって価値ある選手となるべく汗を流し続けたことへの報酬だったわけですが、努力を止めなかったという彼の言葉はとても印象的です。

トップチームを手助けするために、僕は決してハードワークを止めたりしなかった。今は自分の居場所が固まったことを嬉しく思ってるんだ。簡単な道のりじゃなかったよ

バルサは人生のクラブ

そしてクレが待ち望んでいる契約更新について。交渉を有利に進めるために答えをぼかす、なんてことを全く考えていないのがセルジ・ロベルトという人であり、非常に清々しいです。

「いつも言ってることだよ。バルサは僕の人生のクラブだから、いつまでもここに残っていたい。だから僕の契約更新のことで、誰も苦しむ必要はないんだ。僕は世界最高のクラブにいる。Bチームからトップチームへ行けたのは幸運だった」

爽やかすぎる。彼を産み育てた両親にはもう感謝しかないです。

セルジ・ロベルトに年間最優秀カタルーニャ人選手賞
第6回カタルーニャ・フットボル・スターたちの祭典審査員団が昨日、2016/17シーズンの最優秀カタルーニャ人選手賞の受賞者を発表。FCバルセロナの男女2選手、セルジ・ロベルトとアレクシア・プテリャスがに選ばれました。

バルトメウ「3冠を狙うために、冬の修正が必要か見なければならない」

そしてセルジ・ロベルトにトロフィーを手渡したバルサ会長ジュゼップ・マリア・バルトメウは彼の契約更新について、「セルジ・ロベルトがクラブに残っていくことに、私は一切疑問を抱いていない。彼は手本となる選手。私たちは交渉を進めているし、彼やイニエスタのような選手は全てのキャリアをバルサで伸ばしていくべきだ」とコメント。そう言うからには、しっかりやってや。

会長はまた、選手の契約交渉や獲得交渉はペップ・セグラ(スポーツマネージャー)とオスカル・グラウ(CEO)が担当していると説明。冬マーケットでの補強については、有りの方向でほのめかしています。

「現在のスカッドに私たちは満足しているとはいえ、もし冬のマーケットにバルサを良くする可能性があるなら、私たちはトライしていく。野心はMAXだ。私たちはリーガ、コパが欲しいし、チャンピオンズも言うまでもない。いくつかのスカッド修正が必要かどうか、見ていかなければならない」

キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る