ネイマール「一時代を作りたい」

バルサで大きな成功を掴みたいとクラック。

1月26日(月)、シウタ・エスポルティーバの記者会見室において、ネイマール出席によるプレゼンテーションが行われました。これまでネイマールが広告塔となっていたブラジルの企業Baruel社が、今度はバルサのオフィシャルスポンサー契約を結びましたよという発表会見。同社は長くネイのスポンサーだったのですが、今回は彼の父が経営するNRスポーツ社がバルサとの仲介役となり、この契約へと至ったそうです。ネイマールは言います。「この合意が父の手を介していることをとても嬉しく思うよ。Baruelは僕のキャリアにおける最初のスポンサーの1つだし、この合意がクラブと双方にとって大成功になることを期待してる」

入団2年目の開花

このプレゼンテーションでネイマールJrは、最近の好調ぶりと今後への期待についてもコメント。健全な野心いっぱいに、こう語っています。「今が自分のキャリアでの最高の瞬間かどうかは知らないけれど、バルサ入団以降ではベストだよ。試合のたびに上がっていっているし、タイトルを獲得して、成功を掴みたい。このジェネレーションで一時代を作りたいんだ。僕にはバルセロナですることがまだ数多く残されている

バルセロナに降り立ってから騒がしい出来事も多々ありましたが、着実に目標に向けて歩んできたことがこの今の開花につながっているネイマールです。「自分の側にいるチームメイトたちから、僕は学んでる。彼らとトレーニングをしたり、彼らが話していることを聞いたりしながらね。異なる国に来た時は、それが大事。仕事の面でも、個人としても、僕はかなり成熟して成長したよ」

そして。「ここまでのシーズンには満足してる。最後になにか大きなことが出来るように、この調子で続けていきたいね」、「自分他チームで重要だと感じているし、それは全ての選手に必要なことだと思う。2年目の今季はピッチの中でも外でも気持ちよくやれてるよ」

今回はクライフが見誤った

スーペルクラックでアイドルのレオ・メッシと毎日トレーニングできることは、ネイにとって計り知れない好影響をもたらしたでしょう。試合中の2人を見ると、普段からの仲の良さが伝わってきます。「グラウンドの外で好い関係にあると、グラウンドの中でも物事がスムーズに行くんだ。彼の隣りでプレーするのはとても簡単だよ

バルサで時代を築きたいと述べたネイマールですが、メッシから王座を奪い取ろうという意思はありません。「彼は僕がこれまでに見た最高の選手だ」といつものように賛辞を繰り返したネイはそして、1つのチームにオンドリが2羽いては上手くいかないと否定的だったヨハン・クライフの入団時の言葉について訊ねられると、次のように見解を述べました。

「世界最高の選手だったクライフの意見は尊重するけど、間違うことだってあるよ。僕らが一緒ならスゴイことが出来る。今回は彼が違っていたと思う」。最近はとてもよく言葉を選び、卒のないコメントをしているネイマールなので、この手の発言は珍しいです。

一方、ルイス・エンリケが彼を頻繁に途中交代させている件については、「交代することが好きな選手は一人もいないし、僕もずっとプレーをしていたいけれど、監督の決断を尊重するよ。チームを率いているのは監督だからね。彼は僕を使うなら使うし、外すなら外すさ」と卒のない回答です。

CR7の件を訊ねられ

また、ここ数日のホットな話題となっているコルドバ戦でのクリスティアノによる加害行為(顔面パンチ&ローキック)についても遠慮なく見解を訊ねられるのがあちらの怖いところ^^; 一つ間違えれば大きく書かれてしまうこの質問に対し、ネイマールはまずこう語りました。「僕は(競技)委員会で働いてるわけじゃないからね(^^)、介入すべきテーマじゃないよ。僕は自分のチームのことだけを考えてる。自分たちのことをあれこれ言われるのが好きじゃないように、他のチームのことを話すのは好きじゃないんだ

しかしその程度で諦めない記者さんたちは、もう一度見解を訊ねます。そしてバルサの11番曰く、「クリスティアノ・ロナウドのような行為は起こりえることだけれど、それらは処罰されるべきだよ。僕らデランテロは挑発や威嚇を受けるものだし、時々我慢ができなくなる時もある。相手側からのプレッシャーをコントロールする術を知る必要があるんだ」

ネイマールはリーガでも有数の被ファール選手です。試合のたびに、とにかくラフなチャージを受ける。アトレティコ戦でもエルチェ戦でも、いろいろやられていました。「キック?どの選手だってそうだよ。選手を守り、ケアするために審判がいるんだ

自分たちの世代で一時代を作りたいというネイマールの野心が実現するように願うばかりです。現在のスカッドでのネイの同年代はテル・ステーゲン、バルトラ、ラフィーニャ、セルジ・ロベルトあたり。これにバルサBのサンペールやアダマらが加わって、、となるのでしょうが、熟してくるのは彼らが25歳前後となる3-4年後でしょうか。初夏に行われる会長選挙が非常に重要となるわけですが、それはまた先のお話。今はメッシ-ネイにスアレスを加えた南米MSNトリデンテを大いに楽しむのであります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました