メッシ、復帰への重要な一週間

ベルナベウ決戦に間に合うために、カギとなる5回のトレーニング。

世界がパリでのテロ事件に衝撃を受けたこの週末、リオネル・メッシは左ヒザ靭帯負傷からの回復作業を黙々と続けてきました。ルーチョチームのトレーニングは木曜日(12日)から3連休に入っていたので、メッシはフィリアル(Bチーム)のセッションに参加してのリハビリ継続。トップチームの選手がフィリアルのトレーニングに加わること自体が非常に珍しいケースですし、しかもそれが世界最高選手となれば、カンテラーノの若者たちにとっても刺激となったことでしょう。残念ながらバルサBは日曜日のリーグ戦にまたもや敗れ(0-1)、降格圏に入ってしまったのですが(涙)。

フィリアルとトレーニングした週末

レオ・メッシの左ヒザの回復状況をおさらいしておきましょう。クラックは先週末の金曜と土曜、ジェラール・ロペス率いるバルサBのトレーニングに参加しました。フィジカルトレーナーのエドゥ・ポンスが見守る中で、メッシは各種リハビリメニューを継続。金曜日のセッションでは、ミニゲームでもプレーをしたと報じられています。ただし守備には加わらず、行ったのは攻撃だけ。フィリアルの選手たちがボールを持ったメッシにタックルを食らわすなんてことは勿論なく、マークも付かず、彼が気持ちよくリズムを取り戻すことを優先していたみたいです。

そして二日目となる土曜日はウォームアップのロンドに加わっただけで、トレーニングの本編はエドゥ・ポンスと二人でハードワーク。負傷した左足でのシュートも打ち、その回復具合を確かめています。メディア情報によると、感触は上々。ただし、フルパワーを込めてのシュートを試すにはまだ自信が得られていないということなので、ヒザの強化とともにそのあたりの不安を打ち消していくことが、これからの重要な作業となります。

代表戦に呼ばれていないチームメイトたちと同様に、日曜日は休日を楽しんだメッシは、この月曜日から再びルーチョチームのトレーニングに参加し、目標としているベルナベウ遠征メンバーに入るための最終リハビリに取り組んでいきます。ヒザ靭帯の強度を増し、かつ怪我再発のリスクを最小化するためのシュート動作が重点的に行われていくであろうというのはSPORT紙。“間に合わない派”だった同紙は慎重な姿勢は崩さないものの、レオがマドリー戦の招集メンバーに入るであろうことに関してはもう、疑問は抱いてないようです。

クラブ情報はあるか?

バルサ公式サイトの情報によると、ルーチョチームは今週、土曜日のサンティアゴ・ベルナベウ遠征までに5回のトレーニングを予定しています。その第一弾がこの月曜日の18時開始のセッション。木曜日のグループ練習初復帰の際は、公式情報からメッシの存在を徹底的に消して伝えたクラブが今回はどうニュースとして扱うのかも、何気に注目されています。今日もなお秘密主義が続けられれば、メディアからの反発は強まることでしょう。何故ゆえにクラブがメッシの回復具合を秘密にし続けるのか(メッシに限った事ではないけれど)、よく分かりません。

また、この月曜日のトレーニングには、ふくらはぎの怪我でリハビリを続けているイバン・ラキティッチがグループ練習に復帰するのではないか、とも見られています。セントロカンピスタの回復は順調で、こちらはマドリー戦に間に合う可能性が高いようです。

ジェラール・ロペス 「メッシは良い感じ」

日曜日にミニエスタディで開催された試合でバダロナに敗れ(0-1。最近はこんなスコアばかり。試合は支配してもゴールが奪えない)、19位となってセグンダB・グループ3の降格ポジションに落ちてしまったバルサB。敗戦の将となったジェラール・ロペスが試合終了後に行ったメディア応対のなかで、主な話題のひとつがレオ・メッシのコンディションのことでした。若大将は言います。

「レオはトレーニングをコンプリートした。私が見るに状態は良かったし、彼の回復が好ましかったことを嬉しく思うよ。彼は元気そうだった

大クラックがチームにいたことで、試合への準備に影響が出たのではないか。そう訊ねられた監督は、それはなかったと答えています。「トレーニングは私たちがいつも試合前に行う内容と同じだったよ。レオ・メッシがいるという理由でメニューを変えたりはしなかった。若者たちにとっては、史上最高の選手と一緒にトレーニングが出来るのは非常に胸弾む経験だった。何人かはすでに彼とかお馴染みだけれどね」

メッシは私たちのトレーニングに合わせただけでなく、試合への準備で行う戦術練習でも協力をしてくれたんだ。私たちとの2回のトレーニングを彼が活用し、リハビリの2日間が無駄にならなかったことを私は嬉しく思っている。彼がデビューをした時、私とはチームメイトだったから、彼のことはよく知っている。土曜日の試合に出るかどうかは知らないけれど、彼は満足そうにしていたし、一日も早く回復できるといいね。私たちの試合に招集できなかったのが残念だった(笑)」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました