ウンティティ:スピード適応の秘密

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

資質の高さだけでなく、周到な準備が順応を早めたと。

シーズン開幕から1ヶ月が過ぎ、新戦力たちもそろそろチームに馴染み始めているであろう、この9月中-下旬。デニス・スアレスアンドレ・ゴメスといったリーガ経験者たちよりも早くバルサ流に適応し、クレに嬉しい驚きをもたらしているのがサムエル・ウンティティです。初夏にウワサが出た頃は無名に近かったフランス代表セントラルですが、今や序盤の最大のセンセーションとも評される彼。これほど早く先発で連続起用され、マスチェラーノを脅かす存在になるとはどれだけの人が予想したでしょうか。しかしウンティティは何故こうもあっという間にバルサ流に適応できたのか。そこには幾つもの理由があったようです。

バルサのプレーを研究していた

9月19日付のMUNDO DEPORTIVO紙が、サムエル・ウンティティのバルサへの早期適応の理由について分析をしています。同紙によりますと、基礎となっているのはウンティティが備えていた資質とパーソナリティです。フットボル選手としてバルセロナに適うことがなければ、まず成功はつかめない。しかしサムエルはただ選手としての資質に優れていただけでなく、入団前から適応への素地ができていたとMDは説明します。

■バルサのファン:MDがまず挙げている要素が、ウンティティがFCバルセロナの大ファンだったことです。フランス人ですがカメルーンの血を引くウンティティは、名前が同じくサムエルのエトーさんがアイドルで、ロナウジーニョデコとともに欧州を制したフランク・ライカー時代からバルサの試合を欠かさずチェックしていたのだとか。リヨンでの試合が重なりライブ観戦できない時は、録画して後でゆっくり観ていました。

1月から準備開始:MDによると、バルサからウンティティ側への最初の接触は年始め頃だったそうです。これは単なる問い合わせ程度の接触でしょうが、選手と彼の周囲は千載一遇のチャンスだと捉え、リヨンでのプレーに全力を出すだけでなくバルサのセントラルを研究していったらしく。ルイス・エンリケの鉄板コンビだったピケ&マスチェラーノの動きやポジショニングに特に注目し、“もしも”の時に備えました。事実だとすれば、成功者とはかくあるべきとの意志を感じます。

アビダル先輩サムエル・ウンティティにとって、オリンピック・リヨンからバルサに移籍し、クレの絶大なる信頼を勝ち取ったエリック・アビダルほど心強い先輩はいないでしょう。アビさんとサムエルは好い関係にあり、先輩は後輩からのバルサや街に関する質問に助言を送っている。ウンティティの移籍をめぐってアビダルが“暗躍”したウワサには、強い真実味があります。

スペイン語の勉強

■言葉の習得ウンティティの将来への備えはそれだけに止まりません。彼はまだバルセロナ行きが遠い可能性に過ぎない段階から、スペイン語の勉強を開始。学校、もしくは家庭教師にカステジャーノを学び、ロッカールームではセルジ・ダルデルとスペイン語で会話をしていきました。ロベルト・フェルナンデスSDはスカウトの際にはチーム関係者にも聞き取りを行うようですから、ウンティティについて訊ねられたダルデルや彼の代理人氏の返答が好ましいものだったことは容易に想像がつきましょう。

バルセロナに移ってからまだ数ヶ月ですが、ウンティティはカステジャーノをすっかり理解できるようになり、正確に表現したいメディア応対はフランス語を使うものの、チームメイトとの日常会話はもうスペイン語でいけているそうです。さらにカタルーニャ語の習得も目指し、SNSでそれを示している彼ですから、その向上心には地元ファンも喝采を送っています。

パス能力やポジショニング、空中戦の強さなどプレーで見る者を唸らせるだけでなく、そうして成功への野心を持ち、アビさんを手本にクラブや街に溶け込んでいけば、ウンティティがバルサの中心選手になる日はそう遠くないんじゃないかと思います(それは同時に、マスチェラーノの出場時間が減少することを意味する点が悩ましい…)

アンティッチ「アトレティコ戦ではウンティティが出るべき」

追記です。かつてFCバルセロナとアトレティコ・マドリーの両方で監督を務めたラドミール・アンティッチさんは水曜日の大一番バルサ対アトレティに関し、セントラルにはウンティティを先発起用すべきだとの見解を示しています。ラジオ局Esports Copeのインタビューでのコメントです。

マスチェラーノがFIFAウイルスで苦しんでいるのは明らかだ。彼からは疲れが感じられるし、元気がないよ。とはいえ、彼はリーダーシップでも貢献し、チームにとって非常に重要な選手であることは考慮しなければならない。水曜日の試合に関しては、ウンティティがプレーにバランスをもたらすと思う。アトレティコにはスピードがあり、トランジションの速いチームなので、ウンティティは彼らが生じさせる守備的問題を解決できることだろう」

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る