そういえば、ラフィーニャはどうしてる?

クガット医師チームとリハビリ中とか

リーガ開幕5連勝と快進撃を続けるバルベルデバルサの中で、一人フィーバーに加われていないのがラフィーニャ・アルカンタラです。ラファは昨季終盤、4月2日のグラナダ戦で右ヒザの半月板を損傷し、高名なるラモン・クガット医師による手術を受けたのですが、全治4ヶ月と診断されたヒザは5ヶ月半が経過した今も万全とはいえず。リハビリを続ける日々となっています。

スポンサーリンク

全治4ヶ月の診断が・・・

ラフィーニャの回復具合に関する情報は、ごく限られています。クラブからの説明は特になく、選手本人が時折SNSに投稿する動画などを見て知ることができるのみ。最近では9月20日にトレーニングラダーに取り組む動画がアップされています。

🔋⛓🔋

Rafinha Alcantaraさん(@rafinhaaa93)がシェアした投稿 –

11月下旬まで様子を見る・・・?

さてそのラフィーニャですが、SPORT紙によりますと、9月8日からクラブ練習場シウタット・エスポルティーバを訪れていないそうです。

ではどうしているのかというと、クラブの許可を得て、執刀医であるラモン・クガットさんチーム監視の下でリハビリを実施中と。当初クガット医師が全治4ヶ月と診断したにもかかわらず、5ヶ月経ってもグラウンドに出られないのですから回復が思わしくないのは明らかで、最近はラファがもう一度手術を受けるとの情報も流れたりしています。

とりあえず現時点ではその再手術案は却下されているようですが、もし決断をした場合はさらに3-4ヶ月のリハビリが必要となり、年内の復帰は望めません。かといって、もう少し様子を見てダメだった場合は余計に難しい状況になりますし・・・ 悩ましい。SPORTによると、11月下旬まで様子を見てみるようです。

元気になったラフィーニャデニスのポジション競争が見たい。ファイト、ラファ

 

コメント

  1. Maria Smith より:

    Thank you for the article.

    Great blog that I enjoyed reading.

タイトルとURLをコピーしました