テル・ステーゲン「GKになったのは、人生最高の決断」

走り方が気に入らないから、ゴールを守らされたのがきっかけという・・・

FCバルセロナがリーガ開幕から22試合無敗の新記録を樹立した、その大きな要因の一つが守備力の安定であり、失点の少なさです。特に最後の壁であるマルクアンドレ・テル・ステーゲンにチームは何度救われたことか。このドイツ人ポルテーロ(GK)の貢献度は非常に高いです。

Embed from Getty Images

このテル・ステーゲンのインタビューが去る2月3日(土)のSPORT紙に掲載されているのですが、これがなかなかに興味深い。

たとえば彼も多くのポルテーロ同様に、最初はフィールドプレーヤーだったそうですが、ある監督に“キミの走り方が気に入らないから”との理由でゴールを守らされたのがポルテーロになったきっかけとか。そんな理由ってあるのかと。

でもその監督のおかげでいまのテル・ステーゲンがある。
彼も「僕がこれまでにしたベストの決断だった」と認めています。
「9歳か10歳の時だったよ。そういう年頃の子どもはいろんな反応をするものだけど、僕はポルテーロとして良い選手になることに専念するようにしたんだ」
「僕はシュートを止めるのが好きだったし、ボールの間に突っ込むのも、戦うのも、全部好きだった。だから僕はポルテーロになることにした」

9割のシュートを止める:それが鉄壁のテル・ステーゲン
ここ最近、「相手チームに放たれた20本のシュートのうち、実に19本をセーブしている」なんてデタラメな数字を残しているのが我らの守護神、マルクアンドレ・テル・ステーゲンです。国内リーグでは12試合で4失点。8試合で完封...
スポンサーリンク

一番の仲良しはラキティッチ

このインタビューでフットボールについてたっぷりと語っているテル・ステーゲン
一方でより個人的なことも語っていまして、それも面白いです。

選手の多くがバルセロナ市の隣町(の海辺)を居住地に選ぶのに対し、街の中心部を選んだ理由は「これまで大都市に住んだことがなかったから」。「ちょっと苦労をしてるけど、バルセロナの街が大好き」というドイツっ子です。

幾つの言語を話せるのか、というと「ドイツ語、スペイン語、英語」で、フランス語とイタリア語は少しいけるけど「苦労してる」のだとか。

SNSは危険か?との問いには、「僕には危険なように見えないよ。どう使うかさ。SNSは説明し、意見を述べ、感情を伝えるための道具で、それは良いことだ。それに毎日自分をフォローしてる人たちとのつながりもあるし。サポートメッセージを読むのは良いものだよ」との見解を示したテル・ステーゲン

読んでもらえると思うと、応援のリプをしたくなります。

フットボール関係で一番の仲良しは、「一人選ぶならラキティッチ」。
ドイツ語を話せることもあり、「最初からすごく助けてもらった」そうです。

ピケにはバルサが求めるパーソナリティがある

ロッカールーム関連では、まだいろいろあります。

一番笑わせてくるチームメイトは「アレイシ
一番容姿に気をつけているのは「良い質問だね、たぶんデニスだ」
一番スピードがあるのは「ジョルディがすごく速いね。ネルソン(セメド)もめちゃめちゃ速いよ。それにウスマン(デンベレ)。何人もいると思う(笑)」
一番コンペティティブなのは「ジェラール。ジェラール・ピケ

コンペティティブ、つまり競争する力があるとかいう意味ですが、そこにレオ・メッシではなくピケを選んだのがちょっと意外でした。

そのピケといえば、少し前のインタビューで「カピタンに選ばれずに傷ついた」と告白していました。
ジェリがチームメイトからカピタンに選ばれなかった件について、テル・ステーゲンはこんなふうに考えています。

「僕の中では、彼はカピタンの条件を満たしてるよ。彼はこのクラブやチームで僕らが求めるパーソナリティ(人間性・人格)を持ってる。腕章が重要ではないことを、僕らは知っているしね。僕らにはアンドレス(イニエスタ)というカピタンがいて、彼については改めて話す必要もない。でもピケはリーダーだよ。腕章を巻いてなくてもね」

ジェリへの信頼感がひしひしと伝わってきます。
注目すべきはそのピケマスチェラーノを上回り、セルヒオ・ブスケツが第3カピタンに選ばれている点ですよ。エスパニョール戦でもカッカしている両チームの選手を冷静にさばきまくっていたセルヒオ
彼についてもテルさんに訊ねてほしかった・・・。

メッシは計算してシュートを放つ

インタビューではレオ・メッシに関する守護神の説明も興味深いです。

「彼はすごく知的で、ボールをどこへ置くのかを正確に知ってるんだ。時々ジャーナリストは、メッシと対したポルテーロはもう少しやれると言うけれどね、どこにポジションを取っても同じで、彼はいないところにシュートを打ってくるさ。多くの選手はシュートのためにシュートするけど、彼は違う。彼は特別な方法で計算してるんだよ。メッシは時々、簡単に止められそうな柔らかいシュートを打つ。でも実際は簡単じゃない」

では最後に、10年後もバルサにいると思いますか?との問いへのテル・ステーゲンの言葉です。

「(未来のことは)決して分からないけど、一番大事なのは健康であることだよ。もし僕が幸運に恵まれ、怪我をせずにすめば、ここに何年もいられるだろう。そうあってほしいし、そう期待してるよ」

私たちクレもそう期待してます!健康第一!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました