アルスール、2018年夏の補強第一号!

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

移籍金は3,100万ユーロ、6年の長期契約を結ぶ

アルスール・メロ(21)がFCバルセロナの2018/19シーズン最初の補強として公式発表されました。クラブ発表によると、バルサは3月にグレミオと合意した選手の購入オプションを行使。移籍金は固定額 3,100万ユーロ+変動額900万ユーロで、6年の長期契約を結びます。契約解除金は4億ユーロです。

下がその移籍合意を伝えるバルサの公式ビデオ。
発音が「アルスール」になっているので、当サイトでも今後は「アルスール」で表記します^^

明日バルセロナへ到着

アルスール・エンリケ・ラモス・デ・オリベイラ・メロは明日、リスボン経由でバルセロナへと到着し、カンプノウのクラブオフィス前巨大エスクードで恒例の記念撮影を行う予定。翌木曜朝にメディカルチェックを受け、12時半からジュゼップ・マリア・バルトメウ会長との契約書へのサイン儀式に臨みます。

そしてカンプノウでのファン向けプレゼンテーションの後、スタジアム内の記者会見室 Ricard Maxenchs にて報道陣向けのプレゼンテーションと会見。背番号は発表されるでしょうか。

100万ユーロを自腹で

クラブから発表された移籍金の固定額3,100万ユーロ、これをみて「おやっ」と思った人もいるでしょう。
3月にバルサとグレミオがアルスールの購入オプションで合意した際、3,000万ユーロと伝えられていたからです。

増えた100万ユーロは、当初の冬移籍を夏に前倒ししたことに対する、グレミオへの補償になります。
そしてMDとSPORTが交渉筋から得た情報によると、この100万ユーロはアルスール自らがお支払いになると。移籍の前倒しは彼も望むことなので、自分で引き受けるぜってことでしょう。

選手が移籍金を負担するケースは時々ありますが、嬉しい反面、クラブの都合も十二分にあるので申し訳なくも思うところです。契約更新時にお返し、かな。

変動額900万ユーロは、契約更新で発生

そして移籍金の変動額900万ユーロは、アルスールの出場試合数や獲得タイトル数ではなく、バルサとの契約更新に応じて発生してくるとのこと。

6年契約を結ぶアルスールとの結び付きをさらに延長するということはすなわち、3年ほど経過して「このサラリーでは彼の活躍に釣り合わない」と語られている状況ですから、900万ユーロの追加支出もアルスールの成功を意味します。

南米直輸入はやはり失敗だった・・・とアルスールの残り契約期間を持て余すより、支出は増えるが契約更新してめでたし、となっていますように。

このニュースのまとめ

  • ・バルサとグレミオがアルスール・メロの夏移籍で合意
  • ・移籍金は固定額3,100万+変動額900万ユーロ
  • ・増額分100万ユーロはアルスール自身が引き受ける

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る