マッチレポート|国王杯1/8 レバンテ 2-1 バルサ

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

Copa del Rey | 1/8 final, ida

バルベルデの実験は機能せず。
デニスへのファールで得たPKをコウチーニョが決め、希望をつないだ。

主力を温存し臨んだ、シウタ・デ・バレンシアでのレバンテ戦。バルベルデの目論見は前半早々の2失点で崩れ、終盤のペナルティキックで1点を返すのがやっとだった。守備で脆く、攻撃もリズムが作れず。来週のカンプノウでは骨の折れる仕事が待っている。

Embed from Getty Images

一見、バルサがゴールを祝っているかのような。

試合の流れ

開始18分で2失点:バルセロナのゲームプランは開始早々に難渋することになる。昨年末のリーグ戦(0-5)のリベンジをするべく意欲満々にプレーするレバンテに初編成の守備ラインが呑まれ、18分間で2点を奪われてしまうのだ。あれよ、あれよの2失点だった。



●バルサの最初の失点はわずか4分のこと。左斜め方向からのフリーキック(蹴ったのは元カンテラーノのロチーナ)をカバコに頭で押し込まれて1-0。ブスケツとチュミの間に上手く入られ、フリーで仕留められた。
レバンテの2点目は18分。ミランダのコウチーニョへのパスをカバコにカットされ、こぼれ球を拾ったボアテングかのパスでボルハ・マヨラルがラインを突破。ムリージョがマークに付いていたが脚の間を通され、シレセンの届かないコースにシュートが決まっている。

カウンターで好機:自陣から出ることもままならなかったバルサが、最初のシュートを放ったのは19分のウスマン・デンベレだった。バルセロナの守備は緩かったが、レバンテもまた緩く、その後はマルコムとデンベレのカウンターによってペナルティエリアへの単騎突入には成功。スピードで存在感を示した。スピードでは。

守備ラインを交代:2点ビハインドで迎えたハーフタイム。状況改善のためにバルベルデがまず施した変更が、左ラテラルをミランダからセルジ・ロベルトに替えることだった。しかしこれは残念ながら、あまり効果を発揮せず。セルヒオ・ブスケツの配置場所など、ほかに重要な問題箇所があったようだ。さらに58分にはチュミに替えてラングレを投入。

命拾い:後半に入ってからもレバンテは決定機を作り続けた。とにかく最終ラインの裏をよく取られたバルサ。54分のマヨラル弾はシレセンがセーブ、64分にモラーレスが1対1になった場面では終わったかと思ったが、シュートが浮いたことでバルサは命拾いした(シレセンにかすっていた)。

希望をつなぐPK獲得:コウチーニョ、デンベレ、アラニャー・・・。バルサ選手たちからは、どうにかしようとの想いは伝わってくるのだが、チームとしてレバンテを崩すことが出来ない。そんななか、個人突破からバルサに希望をもたらしたのがデニス・スアレスだった。持ち味のドリブルで右サイドを突破するデニスを、コケがたまらず足をかけて倒しPKの笛(85分)。コウチーニョかキッカーの重責を果たし、第2節へと希望をつなぐアウェーゴールを手にしたのだった。

●燃えるレバンテを相手に、シウタ・デ・バレンシアであっという間に2点を先行され、それでも2-1でゲームを終えたのは20分頃のイヤな予感からすれば上等か。1週間後のバルベルデの起用メンバーはどうなる?

トピックス

更新中:。。。




Levante UD FC Barcelona
2 1
10 de Enero 2019 – Jueves 21:30 h
Ciutat de Valencia
:17,614
Goles
Cabaco (4)
Borja Mayoral (18)
Coutinho (85pk)
Titular
Aitor Fernández 【】Cillessen
Coke 【】Semedo
Postigo 【】Murillo
Cabaco 【】Chumi
Chema 【】Miranda
Prcic 【】Busquets (c)
Campaña 【】Aleñá
Rochina 【】Arturo Vidal
Simon 【】Coutinho
Boateng 【】Dembélé
Borja Mayoral 【】Malcom
Cambios
Boateng→ Morales (62) Miranda→【】Sergi Roberto (46)
Chema→ Jason (69) Chumi→【】Lenglet (58)
Rochina→ Doukouré (75) Malcom→【】Denis (67)
Entrenadores
Paco López 【】Ernesto Valverde
Arbitro
De Burgos Bengoetxea (vasco)
Tarjetas
Prcic (41) Murillo (23)
Cabaco (49) Aleñá (40)
Borja Mayoral (90+3) Chumi (43)
Busquets (74)
名前の次の数字は評価点:平均点【5】
Estadisticas
1a 2a Total Total 2a 1a
2 0 2

Golesredcard

1 1 0
7 5 12 (7)

Tiros a puertaredcard

14 (7) 9 5
3 2 5

Ocasiones de Golredcard

2 1 1
2 1 3

Cornersredcard

0 0 0
2 1 3

Fueras de juegosredcard

3 1 2
318

pasesredcard

559
37% Posesion del Balon 63%
5 11 16

Faltasredcard

13 5 8
1 2 3

Tarjetas Amarillasredcard

4 1 3
0 0 0

Tarjetas Rojasredcard

0 0 0
Formación

ラフィーニャ、サンペール、ウンティティ、ベルマーレンが負傷欠場。
ピケ、ジョルディ・アルバ、ラキティッチ、スアレス、メッシ、ムニールが監督判断で招集外。
テル・ステーゲン、デニス、アルトゥール、ラングレ、セルジ・ロベルト、リキ・プッチ(28)、ワゲ(40)がベンチスタート。

メンバーを大幅入れ替え。最終ラインは初出場のムリージョ+バルサB選手ふたり(チュミ、ミランダ)の新鮮な組み合わせとなった。セントラルの間にセルヒオ・ブスケツが入り、カバー。その前方をアルトゥロ・ビダルが右へ左へと走り回った。
4-3-3というよりは、デンベレとマルコムが前線の4-4-2か。

最初の交代はハーフタイム中で、ミランダに代わってセルジ・ロベルトが左ラテラルに。
続いて58分にはチュミが外され、ラングレが送り込まれた。
三人目はマルコムに替えてのデニス・スアレス。

Titular Final
先発時 終了時

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

『マッチレポート|国王杯1/8 レバンテ 2-1 バルサ』へのコメント

  1. 名前:レト 投稿日:2019/01/11(金) 20:34:38 ID:b1c473b53

    例年の国王杯がもはやローテーション出来ないことのエクスキューズと化していますね。
    むしろ序盤でモタついたツケを払わされているというか。
    ずっと懸念していたSBの控え問題は本当にどうなるんでしょう。
    時間は残されているんですから現実的な回答が欲しいです。

トップへ戻る