バルサ恒例のセントラル問題:アラウホの出番か、それとも

出場停止とコンディション不良により、セントラル事情が苦しい
若手起用かコンバートか、セティエンの選択に注目

フットボールでは、欠場者が同じポジションに重なってしまう案件がしばしば発生します。今のFCバルセロナでは、前線と最終ライン。前線の件はまた別で取り上げるとして、こちらでは毎年恒例となっている“セントラル問題”を考えます。毎年のように選手を獲っても、なくならないこの案件。

スポンサーリンク

ヘタフェ戦をどう乗りきっていくか

ただでさえチーム作りに頭を悩ませているであろうキケ・セティエンに、追加の宿題がやってきました。守備の要であり、ビルドアップの出発点となるセントラルが弱っているのです。
バルサは以下の理由により、土曜日のヘタフェ戦で起用できるセントラルが足りない状況になってます。

クレメン・ラングレの場合:出場停止
まず、ヘタフェ戦の欠場が確実なのは、ベティス戦で黄色いカードを2枚出されて退場処分になったクレメン・ラングレです。出場停止となる彼は、次のヘタフェ戦で起用することが出来ない。

また彼のイエローの累積数は4枚のまま変わらないので、次の1枚でまた1試合を出場停止になります。戻ってくる第25節のエイバル戦で警告を受ければ、その次のマドリー戦は強制的にお休みです。

ジェラール・ピケの場合:出場微妙
ジェラール・ピケは微妙です。国王杯・アスレティック戦で右腿の内転筋(?)にダメージを負って途中交代となり、月曜日のトレーニングは別メニュー調整をしたカタランセントラル(先週末のベティス戦は出場停止。火曜は練習休日)。

このディフェンスリーダーが間に合うのかどうかで状況は変わってきます。
ラングレのカード状況もそうですが、2週間半後にベルナベウクラシコが控えていることで、無理はさせないかもしれません。

サムエル・ウンティティの場合:ベストには遠い
もう一人のフランス人セントラルも微妙な状況です。ウンティティは左ヒザの問題か、試合出場数の少なさゆえか、ベストのフォームにはまだ遠く。ベニト・ビジャマリンでは慣れない右というのもあり、どたばたして安心して任せられる感じではありませんでした。ビッグサムならぬスモールサム。

そしてベティス戦ではヒザに軽い違和感も生じたらしく、こちらもヘタフェ戦出場は微妙なようです。

ジャンクレール・トディボの場合:放出
さらにもう一人のフランス人セントラルは、さっさと見切られて冬市場でシャルケ04へと貸し出されてしまいチームにいません。2つあるセントラルのポジションは4人で回すのが一般的ですから、これを3人編成にした時点で、強化技術部は今回のような状況が発生しても“ワードローブ”を活用することで乗り切れると計算していたのでしょう。

こんな時のための第4のセントラルは、ロナルド・アラウホだと・・・。

ロナルド・アラウホの出番か

バルサBに所属するウルグアイ人セントラル、ロナルド・アラウホ(20)は、エルネスト・バルベルデ期からファーストチームのトレーニングの常連です。監督がセティエンに代わっても、引き続き呼ばれ続けている。
テクニコからの評価の高さがうかがえ、トディボを呆気なく放出したのもアラウホがいることが大きかったのでしょう。

もしピケウンティティのどちらかがヘタフェ戦を欠場する場合、アラウホに出番が訪れることは十分考えられます。少なくともバックアッパーとして招集は確実です。

しかしここまでの出場時間は短く、ファーストチームでのプレー経験はまだ14分しかありません。
トディボと交代で73分にピッチに入ったラ・リーガ第8節のセビージャ戦(4-0)がその唯一の機会で、このデビューの14分後、彼はチチャリートへのファールによって一発退場となっています。

(以後は第14節のレガネス戦と先週末の第23節ベティス戦、それにチャンピオンズ第3節のインテル戦でベンチメンバー)

コンバートもあり得る

もうひとつ考えられるのは、ポリバレントな中盤選手のポジションを下げる解決策です。
セティエンはベティス戦の前日会見で「複数のポジションに配置できる選手たちがいる」とコンバートを示唆していますし、セルヒオ・ブスケツフレンキー・デ・ヨングはどちらもセントラルをこなすことができるセントロカンピスタです。

ただ、フレンキーの場合はベティス戦での役割がとても上手く行っていたので、そのままインテリオールで続けてほしいところ。選ぶとするなら、ベティス戦でラングレ退場後にセントラルを務めたブスケツですかね。
中盤の枠がひとつ空き、アルトゥロ・ビダルなりイバン・ラキティッチに出場機会を与えることも可能になります。

ということで、まず注目なのはピケウンティティのコンディション。
そしてもしどちらかが起用できない場合は、アラウホの起用があるのかどうか。
ラングレが累積警告でまたすぐ出場停止になる可能性も考慮し、キケ・セティエンがどういう選択をしていくか、見てみることにしましょう。

また3バックに戻す選択肢は・・・ 怖すぎるのでやめてほしい(^^;

このニュースのまとめ

  • ・ヘタフェ戦はセントラルの枚数が足りなくなる可能性大
  • ・バルサBのアラウホに出番が訪れるかもしれない
  • ・ベティス戦ではセルヒオ・ブスケツがセントラルへ移動

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました