アンスマネ・ファティ:【意味】勝点をもたらす者

17歳の若さにして、決定的なゴールを決めているカンテラーノ
そのほとんどが、バルサにとって大きな意味を持つ先制ゴール

いきなりですが、この記事タイトルはデタラメです。しかしながらデビュー以来の5ゴールが10ポイントをちーむにもたらしている事実からすると、あながち外れでもない。17歳にしてもう5得点を記録している時点でフェノメノなのに、チームが必要としている先制点を決めているのが、特別な星の下に生まれた子だと思わせます、アンス・ファティ

スポンサーリンク

レガネス戦で再び英雄に

ここ最近は、バルサメディアでアンス・ファティの名前を見ない日はありません。最初はマンチェスター・ユナイテッドが彼を欲しがっているぞ、とんでもない額のオファーをバルサが断ったぞ、とマーケットの話題だったのですが、レガネス戦の先制ゴールで再びヒーローとなり、ゴールデンボーイ賞ノミネートの報せも加わった。
移籍云々より、スポーツ面での話題の方が、断然いいです。

レガネス戦におけるアンスのゴールは大きな意味がありました。
チーム全体のリズムが悪く、5バックを敷く相手に対しシュートまで持ち込むことにも四苦八苦していた前半。42分に決まったアンス・ファティのシュートが、ようやく手にしたチーム最初の決定機であり、あの得点によりバルサは軌道に乗ることができたのです。
チームをけん引したメッシとともに、殊勲の一人でした。

チーム初得点ボーイ

ゴールはチームが苦しい状況にあるほどに価値を増します。
先制弾、同点弾、決勝弾。勝点をもたらすゴール。勝利を決定づける追加点も大事ですが、均衡を破るゴールにより大きな価値があります。

その点において、アンスは成果が際立つ。6月18日版SPORTによると、ここまでにラ・リーガで5ゴールを決めている彼、4試合で合計10の勝点をもたらしているというんですね。3つの決勝弾と、1つの同点弾です。
出場時間が735分(17試合)なので、平均147分に1ゴールなのも立派、というかトップ級の得点率。

(同点でも勝点1は得られるので、均衡を破ることでもたらされる勝点は「2」のような気もしますが、まあいいでしょう。重要なのは、ほぼほぼ全てがチーム初得点である点です)

  • ・第3節オサスナ対バルサ(2-2)の、1-1に追い付くゴール(51分)。当時まだ16歳。
  • ・第4節バルサ対バレンシア(5-2)の、開始2分の先制弾。2-0もアシスト。
  • ・第22節バルサ対レバンテ(2-1)の、2分間での2ゴール(30分、32分)。
  • ・第29節バルサ対レガネス(2-0)の、先制弾(42分)。

また、バルサにとっては消化試合でしたが、チャンピオンズ第6節のインテル・デ・ミラノ戦においても、彼は決勝点を決めてます(86分、1-2)。途中出場から1分後の、大会最年少ゴールです。

データ企業OPTAによると、アンスの5ゴール到達はラ・リーガ史上2番目の若さだそうで。
ちなみに最年少記録は ボージャン・ケルキックってことで、おじさんはちょっと泣けます。
アンス・ファティはこれから訪れるであろう諸々のハードルを飛び越え、いずれはバルサの柱になってほしい。こんなの書いてて言うのもなんですが、周囲もあまり騒ぐことなくいきましょう。

アントワン・グリースマンも先制ゴール男で、たしかすでに10回「栓抜き」をしてるんですが、元々の期待値が高いスター助っ人だけに評価につながらずお気の毒ではある。

カンプノウで揺らすのはいつも南ゴール

6月18日版MDで、ボシュ記者が面白い記事を書いてました。「アンス・ファティは何故、南ゴールにだけゴールするのか?」。ラ・リーガで決めた5ゴールのうち4つがカンプノウで、その全部が南ゴールに刺さっているというのです。

理由は予想が付きました。
それは前述したようにアンスが「先制ゴール男」であり、前半に仕事をする(できる)選手だからで、かつバルサはカンプノウでは毎試合、前半は南ゴールに向かってプレーするから。ビンゴ。
アウェイで得点したオサスナ戦とインテル戦も、後半にピッチに立って間もなく決めたゴールです。

逆にカンプノウで後半にゴールがないのは何故かというと・・・ 早い時間に交代させられちゃうからでしょうか。 彼はラ・リーガでの17試合ではまだフル出場がなく、80分以上プレーしたのも3試合だけ。
ヒエラルキーが上がり、フィジカルが強くなっていけば、長く起用されるようになり、後半の得点も増える?
レオ・メッシなんて後半追加タイムに劇的ゴラッソを叩き込みますから、あの体力と精神力はすさまじいです。

カンプノウは2つの大通りに挟まれており、北側ゴールが「ディアゴナルのゴール」、南側が「ラス・コルツのゴール」。

このニュースのまとめ

  • ・カンテラーノが活躍すると嬉しい、それがクレ
  • ・カンテラーノの活躍は、割増で喜ぶ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました