2019-09-01

ポストマッチ

セルジ・ロベルト「僕らは腹を立てている」:オサスナ戦

開始わずか7分で先制ゴールを許し(守備の対応が拙かった)、後半にせっかく逆転に成功しながら、最終的には2-2の引き分け。またも前半を無駄にしてしまったことや、守備面での不安定さから勝点を取りこぼしていることで、もやもやした日が続くバルサ界隈です。
マッチレポート

【マッチレポート】ラ・リーガ第3節 オサスナ 2-2 バルサ

3年ぶりとなるエル・サダル訪問は、2-2のエンパテで終了。バルサは前半の出来が悪く、7分で先制されるとシュートもわずか2本。後半に盛り返し、アンス・ファティとアルトゥールの得点で一時はスコアをひっくり返したが、終盤PKで同点とされ引き分けた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました