2020-01-26

マッチレポート

【マッチレポート】ラ・リーガ第21節 バレンシア 2-0 バルサ

バルサがメスタージャで12年ぶりの敗北を喫した。前半はシュートにまで至らないボール保持と、テル・ステーゲンのパラドン連発(PKまで止めた)。後半はビダル登場で流れが変わるも、わずかな差で得点を返せず、バレンシアの効果的な速攻にやられて2-0で敗れている。セティエン監督での初黒星。ついに首位も手放しそう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました