2020-01-22

マッチプレビュー

メッシ温存で臨む、一発勝負の国王杯イビサ戦

さて、コパ・デル・レイ(国王杯)です。FCバルセロナにとってはコパ初戦となる 1/16 final(準々々々決勝)で、対戦チームはセグンダBディビシオンのUDイビサ。最大の話題はキケ・セティエンがレオ・メッシ、ジェラール・ピケ、セルヒオ・ブスケツの3人を温存し、遠征に連れて行かないことです。
トップチーム

やっぱり冬に9番を探すと、セティエンも認める

ルイス・スアレスが4ヶ月間の欠場で事実上の今季終了となったFCバルセロナが、冬マーケットに代役の9番を補強しようとしているそうです。一年前にプリンス・ボアテングを呼んできて失敗した記憶が新しいので、今年は見送るのかと見ていましたが、どうやら探すことにしたと。無理のない価格で活躍できる選手を10日以内に連れてくるという、非常に困難なミッションです。
スポーツ紙

2020年01月22日(水)のバルセロナスポーツ紙:嵐のコパと前線補強

2020年1月22日(水)のバルセロナスポーツ紙は、バルサのコパ・デル・レイとFW補強が主な話題。表紙でどちらを大きく扱うか、で違いが出ています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました