2020-01-20

マッチレポート

【マッチレポート】ラ・リーガ第20節 バルサ 1-0 グラナダ

新監督キケ・セティエン率いるバルサがカンプノウにて白星発進。グラナダを1-0で下した。当然まだ熟成不足ではあるが、セティエンが目指すチーム像が感じられ、それがクレ好みだったのが良いニュースだ。ヘルマン退場で10人となったグラナダに対し、リキ・プッチ投入でリズムを変え、メッシが勝点3をもたらした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました