2018年8月29日(水)のバルセロナスポーツ紙:パコのドイツ行きと来季の構想

2018年8月29日(水)のバルセロナスポーツ紙は、MDがパコ・アルカセルの期限付き移籍とバルサの好調な売り上げを、SPORTは来季の中盤補強をメインに。マドリーがマリアーノを呼び戻した件も主要ニュースのひとつです。

スポンサーリンク

MD「売り上手」

  • ■売り上手
  • → アルカセルのドルトムントへの期限付き移籍後、バルサは580万ユーロの黒字を獲得(放出で1億3,770万ユーロ、獲得に1億3,190万ユーロ)
  • → ラフィーニャを待ちつつ、これほどポジティブなマーケットを探すには、1999年までさかのぼらねばならない
  • 見出し2
  • ■レアル・マドリー
    セビージャの包囲後、マリアーノを呼び戻し
  • その他の見出し
  • ■マンチェスター・ユナイテッド
    モウ、最悪クライシスの中心
  • ■プリメーラ
    ウエスカ、いばる
  • ■ブエルタ・ア・エスパーニャ
    詰め込まれる頭
  • ■全米オープン
    フェレールが“グランデ”に別れ

SPORT「バルサはすでに2019年の準備をする」

  • バルサはすでに2019年の準備をする
  • → デ・ヨング、ポグバ、あるいはラビオと契約することなくマーケットは閉じるが、クラブは将来のために補強を進めた
  • → フロントはこれらトップMFのうちの2人がバルサ選手になると確信している
  • 見出し2
  • マドリーがマリアーノをサプライズ獲得
    そしてセビージャはポルトゥ(ジローナ)獲得まであと一歩
  • その他の見出し
  • アルカセルはドルトムントへ、ラフィーニャはほぼベティスへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました