2020年3月23日(月)のバルセロナスポーツ紙:東京2020の延期を検討

2020年3月23日(月)のバルセロナスポーツ紙は、IOCが東京五輪の延期を検討していく件とバルサのマーケット状況がメインニュース。スペイン政府が非常警戒体制を2週間延長し、こういった状況もさらに延長。。

スポンサーリンク

MD「東京2020 隔離」

  • 東京2020 隔離
  • IOCが初めて延期を提起し、1ヶ月で決定へ
  • → オリンピックの秋開催、もしくは2021年か2022年か、最良の選択肢を検討するが、いかなる場合も中止はないだろう
  • 見出し2
  • プレミアリーグがコウチーニョを求める
    複数のクラブが獲得を考える:リバポー、アーセナル、ユナイテッドなど
  • その他の見出し
  • 政府が非常警戒体制を15日間延長
  • アトレティコ・マドリー
    カナーレスとフェキルが獲得目標に
  • シリーズMD
    ボクシング史上最高の15対決
  • アレハンドロ・ブランコ インタビュー
    「スポーツ選手たちもひとりの市民だ」

SPORT「STOPするテル・ステーゲン」

  • STOPするテル・ステーゲン(交渉)
  • → バルサはドイツ人GKをつなぎ止めたいが、まだ契約延長への合意はない
  • → バルサは手取り650万ユーロをオファーするものの、彼はバイエルンに誘惑されている
  • 見出し2
  • IOCがオリンピックの延期を検討
    国際委員会は最終的な決断を下すために4週間を設ける
  • その他の見出し
  • コロナウイルス時代のマーケット
    ラングレの契約を更新
    デンベレはリスクゼロで
    アレックス・テリェス、もうひとりの候補者
  • 独占インタビュー
    エントレリオス「人々が亡くなっている状況では、スポーツは重要ではない」

コメント

タイトルとURLをコピーしました