デニス・スアレス

シティー経由でやってきた若き逸材。

先週木曜日(22日)、とある若手選手のバルサ入団が発表されました。マンチェスター・シティに所属していたセントロカンピスタ、デニス・スアレス(19)です。彼はガリシア州サルセーダ・デ・カセラス出身のメディアプンタで、とりあえずの移籍金は100万ユーロ。もしトップチームへと昇格した場合はこれに80万ユーロが加算されます。契約解除金は1,200万ユーロに設定され、こちらもトップ昇格時には3,500万ユーロへと増額される契約です。期間は4年。初年度となる2013/14はバルサBでプレーし、中心選手がトップチームへ上がるなどして戦力不足となったフィリアルを補いつつ、あわよくば未来の星になってくれればという獲得です。

ユース世代の注目株

某掲示板などで“バルサがスアレス獲得!”とタイトルを付けられ、“釣られた!”とネタになった若きセントロカンピスタ。ガリシア出身である彼は、英国へと渡る以前はセルタに所属していました。親善試合ながらも弱冠15歳でトップデビューを飾っていたことから、かなりのキラキラ星だったことが分かります。この時スアレスをデビューさせたのが、当時はセルタで監督をしていたエウセビオという縁です。

スペインユース代表としてもU-17からは常連となっていて、昨年のU-19欧州選手権の優勝メンバー。ちなみにギリシャとの決勝戦にはバルサからはグリマルドとデウロフェウが先発出場し、スアレスは途中出場でした(今夏バルサBに入ったポルテーロのアドリアン・オルトラはベンチ)。そしてデウロとともに彼は夏のU-20ムンディアルにも参加しています。

そういう期待株ですから、当然FCバルセロナはもっと以前よりスアレスに目をつけていて、2011年にはレアル・マドリー、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドらとの獲得競争にも参加をしていたそうです。しかし当時これに勝利したのはシティー。100万ユーロ+その後の実績によって200万ユーロという条件で契約に成功しました。スカイブルーズでの公式戦初出場は2011年10月26日のカーリングカップ、対ウォルバーハンプトン戦。67分にナスリと交代でピッチに立っています。

そして昨シーズンのトップチームでの出場は、キャピタル・ワン・カップとやらのアストン・ビラ戦(2-4で敗北)で先発したのみ。なかなかに上での出番をもらえてはいなかったマンチェスターでの2年間でしたが、ファン投票によるクラブ最優秀若手選手に選出されるなど、結構期待もされていたようです。13/14はそろそろトップへ上げて・・・、イスコが獲れなくてもスアレスがいるじゃん、とファンも楽しみにしてた雰囲気なのでナゼ放出したのかは正直不思議ですが、契約が残り1年となっていたことでマーケットに出すしかなかったんですかね。

22日付のSPORT紙では、もし将来スアレスが別のチームへと移籍する場合はシティーが移籍金の20%を手にするほか、買戻しを打診できるオプションが付いているとの情報もありますが、実際のところはよく分かりません。

1年目はバルサBでプレー

デニス・スアレスがバルサBでどんな役割を担っていくかですが、監督のエウセビオは数日前、「これからもっと彼がどんな選手なのかを見ていきたいけれど、セルタでは15歳にして才能を示しているし、年齢のわりに非常に落ち着いていて成熟しているね。2列目からの飛び出しが上手く、チームにとって役立つ選手となるだろう」とコメントしています。本来、彼はメディアプンタの選手なのですが、現在のフィリアルはラフィーニャとセルジ・ロベルトの昇格によってインテリオールが不足しているので、そちらで存在価値を示すことになると見られます。

高いテクニックを持ち、ラストパスとシュート能力もある、バルサにフィットしそうなセントロカンピスタというデニス・スアレス。かつての“師匠”であるエウセビオも望んだ補強でしょうから、昨日バルサとの契約解除が発表されたキコ・フェメニアのような結末にはなりにくいと予想できます。しかしBチームに助っ人として加入した選手が、入団当初に夢見ていたトップ昇格をモノにするのは非常に難しい。過去数年の例を見ても、トップチームに上がってくるのは皆、より下のカテゴリーから育ってきた若者たちばかりだからです。なのでスアレスも2年前、フベニール時代に入団できていれば良かったのにな、と。

どうやらデニス・スアレスは契約上、1年後にはトップチームに上がることになっているようです。最近よくある契約パターン。しかしそこには激烈な生存競争が存在し、21歳でクラブ期待のセルジ・ロベルトもいる。ラフィーニャもレンタルを終えて(ひとまず)帰ってくる。デニスはそこに1年で食い込まなければなりません。どうも悲観的なことばかり書いていますが、もちろんバルサの将来を担ってくれれば素晴らしいですし、ポルテーロのアドリアン・オルトラとともにジンクスを破ってくれると期待してます。フォルサ!

トゥレ・ヤヤの太鼓判

ちなみに、、、マンチェスター・シティでデニス・スアレスをよく知るトゥレ・ヤヤさんはMUNDO DEPORTIVO紙のインタビューの中で、「彼はすごい資質を持ってる。僕にはまずはバルサBへ行って、その次にトップチームにジャンプアップするって言ってたよ。僕は彼にそれは簡単じゃないぞ、あそこにはチャビやイニエスタ、セスクがいるんだと言ったんだけど、僕は彼がチャンスを得ると確信してるんだ。彼はハングリーなヤツだし、最後はプレーすることになるだろう」と、太鼓判を押しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました