バルベルデ

マッチプレビュー

バルベルデ「アトレティコ戦の勝点に、より価値があるわけじゃない」:ラス・パルマス戦前日会見

FCバルセロナがリーガタイトルへと近づくうえで、非常に重要な4日間が始まりました。ルネスト・バルベルデはラス・パルマス戦とアトレティコ戦のどちらの勝点3も同じ価値がある、と強調しています。
トップチーム

バルベルデのバルサ、得点源はカウンターアタック

エルネスト・バルベルデが監督となったことで、バルサは“バルサらしさ”を取り戻してきたといわれた時期がありました。ルイス・エンリケの中盤省略から、つなぐフットボールへ。しかし得点の割合は依然として、カウンター攻撃が多いそうです
ポストマッチ

「このリーガではまだ汗を流さねばならない」のはポジティブだとバルベルデ:ヘタフェ戦

勝ち進むだけ過密スケジュールとなる1月から2月にかけてのコパ月間を終え、5年連続となる決勝進出を決めたことで、ややホッとして迎えたリーガのヘタフェ戦。このタイミングで堅守の彼らと当たったことが、バルサとしては厄介でした。
スポンサーリンク
マッチプレビュー

バルベルデ「どちらのチームも背水の陣で臨むだろう」:国王杯バレンシア戦プレビュー

FCバルセロナはこの2月8日(木)、今季ここまでで最も重要な試合に臨みます。しくじれば国王杯優勝の可能性がなくなる、一つのタイトルの懸かった一戦。5年連続でのコパ決勝進出なるおまけの勲章も付いてきますから、是非達成しましょう。
マッチプレビュー

バルベルデ「第一試合で良い結果を出すのが基本」:バレンシア戦前日会見

FCバルセロナが40度目のコパ決勝進出を目指し、その最後の関門であるバレンシアとの準決勝を戦います。今日のカンプノウ対決で狙うのは、メスタージャでの第二戦を可能なかぎり有利な条件で迎えられるスコア。相手側も同じことを考えてくるので、そう容易く話が進むことはないでしょう。
トップチーム

あまりローテーションしないバルベルデ流、結果はいかに

エルネスト・バルベルデと前監督ルイス・エンリケの違いは幾つもありますが、ローテーションの過激度はその一つです。代表戦明けに大幅に選手を入れ替えて勝点を落としていたルーチョに対し、チングリはローテーションしつつも控えめ。それがパフォーマンスや成績の安定につながっています...
監督コメント

バルベルデ「大きな困難を乗り越えた」:アラベス戦

並外れたパンチ力を有するギガクラックたちが前線に並んでいるとはいえ、いつもゴレアーダで勝てるわけでもないのがフットボールです。素晴しいチームを相手に90分間戦って得た勝利だからこそ、試合終了後のエルネスト・バルベルデ監督は、この勝点3を非常に高く評価しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました