デンベレの怪我は「若さゆえの過ち」執刀医が語る

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

回復状況は「順調」とのこと

Embed from Getty Images

去る9月16日のヘタフェ戦にて、左太ももの腱を痛めて戦線離脱となってしまったウスマン・デンベレ。その手術を担当したフィンランド人医師 サカリ・オラバさんが英 MIRROR 紙の取材の中で、デンベレが負傷するに至った可能性のある理由について語っています。

「おそらく、患部に痛みを感じた時にそれを言わないという、若さゆえの過ちを犯したんだろう」

デンベレが太ももを痛めたのは、不必要なヒールパスを試みた瞬間でしたが、それだけが要因ではないとドクターは指摘しています。

バルセロナと契約を交わした後にさらされたプレッシャーもまた、影響を及ぼした可能性はある」

スポンサーリンク

順調だが用心深くいきたい

理由がなんであれ、怪我をしてしまった現実はもう動かない。重要なのはこれからです。バルサのトップチームドクター、リカルド・プルーナと連絡を取り合っているというオラバ医師によると、デンベレの回復は「順調」だそうです。

全てが順調だよ。彼の年齢の子どもたちの大半がそうであるようにね。ただし私としては、もう少し用心深く治療を続けていきたいところではある」

デンベレは3週間、ホテルに“軟禁”
ヘルシンキ(フィンランド)のスポーツ医学を専門とする Neo 病院にてサカリ・オラバ医師による手術を受けたウスマン・デンベレが昨夜、バルセロナへと戻ってきたそうです。MD情報によれば、火曜日に行われた手術は成功し、患部周辺の筋肉に傷もなかったということ

フットボルシューズを履いた!

さてそのウスマン・デンベレですが、インスタグラムの「ストーリー」に、フットボルシューズを履いた自らの足の写真を投稿しました。これに対して複数のメディアが「すわ、デンベレ殿がグラウンドでのリハビリを開始でござる!」と報じたのですが・・・

“いや落ち着け、そう信じたい気持ちは分かるけれども、彼の手術からまだ1ヶ月半しか経ってないんだ。シューズを履いてトレーニングなんて不可能!”と冷静に突っ込むのはSPORTです。

同紙によるとデンベレのシューズ着用写真はムバッペトニ・デュガン(バルサ女子)と行っているNIKEのキャンペーンだそうで。そして彼のリハビリテーション状況は、そのくらいのプロモーション参加は可能になっている、と説明しています。

キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る