セメドの可能性上昇

セメドの可能性上昇

バルセロナをわずか3時間だけ訪れていたというホルヘ・メンデス代理人の目的は、ネルソン・セメドの移籍についてバルサの代表者と話すためではなかったか、との憶測が強まっています。ポルトガル方面では選手はバルセロナ移籍でほぼ間違いなしと考えられているようです。

メンデス代理人がバルセロナを訪れた目的は・・・?

メンデス代理人がバルセロナを訪れた目的は・・・?

昨日バルセロナをスーパーエージェントのジョルジェ・メンデスが訪れていた、というMD紙の情報は、いろいろと想像をかき立ててくれます。彼の行くところには大きなマーケットの動きがある。アシスタントを一人連れたメンデスの写真をツイッターに投稿したのはRAC1のジェラール・ロメロ記者だそうで、二人が乗り込もうとしているタクシーの配色からバルセロナにいることが分かります。

ルイス・スアレス「そうは見えなくても、ルイス・エンリケからはたくさん学んだ」

ルイス・スアレス「そうは見えなくても、ルイス・エンリケからはたくさん学んだ」

バルサの9番 ルイス・スアレスのインタビューがウルグアイの一般紙 LA REPUBLICA に掲載されました。ウルグアイの新聞だけに、代表チームや先日行われたU-20ムンディアルに関する質問が多いのですが、バルサについてもルイス・エンリケやあと一歩で優勝を逃したリーガとその敗因などについてデランテロは語っています。

おすすめ

トップへ戻る