アルトゥール、イニエスタ残留を願う「一緒にプレーしたい」

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

憧れのカピタンをフットボールの神だと称えるセントロカンピスタ

2019年1月のFCバルセロナ加入が予定されているグレミオのセントロカンピスタ(MF)、アルトゥール・メロ今季での退団もウワサされるアンドレス・イニエスタに関し、是非一緒にプレーをしたいとカピタンの残留を願っています。

今回、アルトゥールが語ったのはブラジルのメディア O Globo のインタビューです。
そこでアルトゥールイニエスタが憧れの存在であることを改めて認め、近い将来、バルセロナで一緒にプレーをしたいとの希望を明かしています。

イニエスタが中国へ行くかもしれないという話が本当かどうか、僕は知らないけど、僕の願いはイニエスタがバルセロナにいることだよ。彼のようなクオリティの選手はどこにも存在しないからね。僕はイニエスタと一緒にプレーしたいんだ。ファンやバルセロナの理事会も同じことを考えていると思う」

イニエスタはフットボールの神

選手のタイプとしてイニエスタと比較されることの多いアルトゥール
しかし彼は、そのような比較は望んでいないと言います。

そういうラベルを僕に貼ってほしくはないんだ。だってイニエスタは僕のアイドルだからね。彼には彼の、僕には僕のキャラクターがあるし。イニエスタはフットボールの神だよ。僕のキャリアは始まったばかりで、自分のベストのフットボールをすることに集中しないといけない」

「物事が上手く運ぶかどうか、チームや街に適応するかどうか、見てみようよ。自分のキャリアがアンビリーバブルなものになってほしいけれど、僕はイニエスタに敬服している。もし彼に近づければ、喜ばしいことだね」

崇拝に近いほどドン・アンドレスを称えるアルトゥールですから、カンプノウで一緒にプレーしたいとの願いが叶うといいのですが、さてどうなりますか。
3月21日付のSPORT紙は、クラブとバルベルデが全力で慰留に努めると伝えてますので、上手くいきますように・・・。

スペイン語を勉強中

一方、アルトゥールはバルセロナでの新時代を心待ちにし、準備を進めていると明かしました。

グレミオがバルサとの契約を公式発表したとき、僕は家族と話をしていて、スペイン語を習うのがベストだと思ったんだ。人は将来のことを考えて、準備をしないといけないし、監督やチームメイトの話す言葉を理解しないといけないからね。もし中に入りたいのであれば、カステジャーノの勉強を始めないと」

そうなんですよね、言葉の習得は基本ですから。

ネイマールの薦め

バルセロナとの交渉を進めていく段階で、アルトゥールは当時アスルグラナ選手だったネイマールにバルセロナについて訊ねたそうです。

「バルセロナとの情報やウワサが出始めた頃、ブラジル代表でネイマールと少し話をしてね。バルセロナについて質問をしたところ、クラブや街への褒め言葉ばかりだったよ。ネイマールは僕にバルセロナを薦めてくれた」

そして。

「最近フィリペ・コウチーニョとも会話をしたんだけど、彼もネイマールと同じだった。すばらしい街で、仕事をするのにすばらしいクラブだって言ってたよ」

バルセロナでの挑戦に、胸をときめかせるアルトゥール
しかし現時点では「心のクラブ」であるグレミオでの仕事に集中していると明言します。

アルトゥールの頭はバルセロナにあって、もうグレミオとはなにも望んでいないと多くの人が言っていたけど、僕のことを知っている人は、僕の性格や性分を分かっているさ。(週末の試合後に)エスクードにキスをしたのは、それをハッキリさせるためだよ。グレミオは僕の心のクラブだし、みんなからの愛情に感謝をしたかったんだ」

このニュースのまとめ

  • ・イニエスタのバルサ退団のウワサに対し、バルセロナで一緒にプレーしたいと語ったアルトゥール
  • ・イニエスタを「フットボールの神」だと定義
  • ・バルサ移籍に備えて、スペイン語を勉強中
  • ・ネイマールとコウチーニョはバルサを称えていた

キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る