アルトゥロ・ビダルがデンベレの案内役になったという話

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

実は愛想の良いビダルが、モスキートを進むべき道へと導くかも

ウスマン・デンベレがバルサに適応し、持てる才能を発揮できるようになるよう、クラブがある選手に白羽の矢を立てました。アルトゥロ・ビダルです。なんでもこのキング・アルトゥロさん、すごく親しみやすく、チーム全員と仲が良いんだそうです。

Embed from Getty Images

誰とでも仲良くなれる性格

アルトゥロ・ビダルのイメージといえば、強面の武闘派です。しかしながらピッチを出れば愛想がよくて親しみやすく、仲良くなるための人を選ばないのだとか。
メッシやルイス・スアレスといった南米組の重鎮から若いカンテラーノたちまで、あっという間に馴染んでしまったというからかなりのコミュニケーション能力。それが信頼され、デンベレの案内役となりました。

アルトゥロ・ビダルはPSV戦の前日会見でデンベレについて訊ねられ「若い衆には愛情と助言が必要なんだ」とコメントしています。20歳で故郷チリを離れて渡欧した当時のビダル青年も、最初はベテランに世話になったのでしょう。

共感するポイントがありそうです。

PSV戦ではたえず気にかけていた

11月30日のSPORTが伝えるところによると、PSV戦の途中、キング・アルトゥロがピッチ上やロッカールームへの通路でデンベレと会話し助言する姿が目撃されています。
優等生タイプの先輩にここを直すべきだ、と指摘されるより、カッケェモヒカン先輩に“二人で先発の座を奪い取ろうぜ”と言われるほうがデンベレも素直に耳を傾けられるかも。

案外良いコンビのように思えるので、ポジティブな化学反応に期待します(酒場方面は連れて行かないこと)。

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る